としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

季節感が無いジャカルタで想う事   冬って重要です 薪ストーブの暖かみを感じたい~

広告

日本には四季がある。

日本人にとって誇れる日本の良い所のひとつです。

ただ、四季のある国は世界には一杯ありますけどね。

 

ここジャカルタには雨季と乾季の2シーズンしかありません。

最高気温も最低気温も一年を通して、ほとんど変化がありません。

 

日の出も日の入りの時間も1年中ほとんど一緒です。

 

様々な記憶の中に季節感が入ってこないと

あれは何時の時だったかなぁ?

とわからなくなっちゃうんですよね。

 

ジャカルタでは高速道路やLRTなどのインフラの工事が急ピッチで進められています。

工事に伴い樹木を伐採しています。

 

日本と同じで伐採した木は小さく切り、トラックに乗せて運んだりしています。

実は、この伐採した木を見ると

薪!!!

と思ってしまうんです(笑)。

 f:id:Toshibo:20171015212004j:image

 

 

私は薪ストーブをカナダから個人輸入して自宅に設置しました。

f:id:Toshibo:20171015212054j:image

 

薪ストーブの話はいつかあらためてするとして

薪ストーブを定常運転するには大量の薪が必要です。

 

日本で街を歩いていたり、車で走っていて街路樹の伐採を見ると

薪としてもらっていきたい

といつも思っていました。

 

薪の確保が大変なんですね。

 

今、開発が急ピッチで進んでいるジャカルタでは

この  が一杯あるんですね。

 

ただ、ジャカルタは寒くないです。

暖を取る為に薪は使いませんね。

 

じゃ何に使っているんでしょう?

料理?

風呂?

わかりません(笑)。

 

ただ、薪ストーブの身体の芯から温まる暖かさ。

これを体験できないインドネシアの人達、少し可哀想かな?