としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

グリーン上でマークする度にホールにボールが5cmも10cmも近づく人がいる ~~誤所からのプレー~~

広告

f:id:Toshibo:20171114090024j:image

 

女子ゴルフの米国ツアーメジャー第1戦、ANAインスピレーションでのレクシー・トンプソンがグリーン上でボールを置き直した位置が違うと合計4打罰(誤所からのプレーとスコア誤記のそれぞれ2打罰)を受けて、プレーオフとなり敗れた事は今も記憶に新しい。

 

このニュースを聞いた時の印象と映像を見た印象は異なった。

映像を見る前は、テレビに映ったシーンで判定が変わるのは如何なものか?

と思っていた。

ましてや数cmの差がパット事態に有利不利になるとも思えなかった。

 

しかし、映像を見た後、私には意識的にボールを違う所に置いたように見えたのだ。

正直、不自然な置き方と言われても仕方ないように感じた。

もちろん真相はわからない。

ただ、何かパットライン上に気になる事があって、意図的にずらしたように思えてならないのだ。

 

この事件に関しては、直後のマスターズ・トーナメントの時のガルシアの松葉の絨毯の上でボールが動いたように見えた事に繋がる。

このシーンは自分も生で映像を見ていた。

明らかに動いたように見えたのだ。

 

ただ、ペナルティにならないで欲しいと祈った。

マスターズの競技委員会は無罰と裁定し、ガルシアは試合に勝った。

 

この時、ガルシアが自己申告して1打罰を加えていたらどうなったのだろうか?

グリーンジャケットを着れなくても、後世に残る英雄になったのだろうか?

 

答えは誰もわからない。

ボビー・ジョーンズは空の上からどう思っていたのだろう?

 

グリーン上でのボールのマークの仕方

 

さて、今回は、そんな難しい話ではない。

身近な話題である。

 

いつもプレーをする仲間内で、グリーン上でマークする度にホールにどんどん近づく人がいる。

この方は大会社の社長さんだ。

 

ボールをマークする時にギリギリにマークを置き、ボールを置き直す時にマークから随分前に置くのだ。

1回に付き5cmは近づく。

2回すれば10cmだ。

これは、驚異的なテクニックだ。

 

5mあるパットが数cm近づいても一般的なアマチュアの場合、カップインの確率はたいして上がらないと思う。

ただ、1m以内になってくると気持ち的にも随分違う。

それでもそれは気持ちの問題だけのような気がする。

 

少しでもホールに近づけたい。。。

 

多分、癖になっていて無意識なのだろう。

 

別にオリンピックの賭けもやっていなければ、コンペでも無い。

他の人のスコアやプレーに関してどうでも良い話だ。

 

でもそのような姑息?な行いを見るとなんだか寂しい気持ちになる。

 

グリーン上のパットに何を思い感じるのか?

入ればどんな方法でも楽しいのか?

 

ゴルフは自分が審判である。

プレー中は多くの誘惑もある。

 

そんな時、神様は見ていると思って、自分を律するしかない。

自分に言い聞かせている。 

 

www.toshibo-enjoylife.net

www.toshibo-enjoylife.net