としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

キャディを味方にしてスコア・アップ  ~~ キャディの役割を考える ~~

広告

f:id:Toshibo:20171118205942j:plain

 

日本のゴルフ場は段々とセルフプレーが増えてきたことで

一度もキャディ付きのプレーをしたことないという方もいるようです。

 

ゴルフ部のバイト学生は、土日にキャディのバイトをしてから

仕事が終わってから日没までプレーを無料でさせてもらえる所も多かったと思いますが

最近は事情が変わってきているんでしょうね。

 

先日、お取引様とのミニコンペ(3組)の時にこんな事がありました。

パー3のティボックス前の茶店で冷たいものを飲みながら順番を待っていた時です。

後ろの組が追いついてきました。

この組は社長が二人に役員が二人です。

 

何となく雰囲気が悪い。。。

どうやらキャディの態度だか仕事ぶりだかに怒り心頭の様子でした。

なんだか考えさせられました。

キャディとはプレイヤーにとってどういう存在なんでしょうか?

 

日本のゴルフ場の場合、

キャディ付きのプレーでも一般的には一人のキャディで4バックを担当します。

これは凄い事だなと思いますが

ツアープロのような仕事は期待してはいけません。

 

一方、タイやインドネシアでは、一人のプレーヤーに一人のキャディが付きます。

人それぞれゴルフに対する思いもキャディに対する考えも異なりますが

ツアープロのような気分も味わえることが出来る場合があります。

 

私のキャディに対する思いを少し書いてみたいと思います。

キャディは協力者。味方にするべし!

日本の場合は、

その組の中でキャディさんを自分により目を向けてくれるように接するべきです。

何も毎ショットを真剣に見てもらう必要はありません。

お互いに気持ち良く1日を過ごせるように、接するのです。

 

最も見ていて不愉快なのは

ミスをキャディのせいにする

事。

特にグリーン上の読みに対して、物凄く文句を言う人がいます。

これは周りの雰囲気も悪くなります。

先ほどのケースがこれにあたるんでしょう。

 

私が心掛けている事は

常にお礼を言う

事。

 

クラブを渡してくれたら、ありがとう。

ボールを拭いてくれたら、ありがとう。

目土をしてくれたら、ありがとう。

です。

 

他にグリーン上の読みがはずれた時は

キャディさんの目を見て、ニッコリとしながら逆だったね等の声をかけます。

(独りよがりかもしれませんが)

 

インドネシアでゴルフをする時は全く様子が異なります。

一人に付き一人のキャディが付きますので、キャディとの息が合えば

スコア・アップも望めますし、快適にプレーが出来ます。

 

さて、インドネシアの駐在員や出張や旅行でゴルフをする人、

それぞれ事情が違いますが何をキャディに求めているのでしょうか?

1.若くて可愛いキャディ

2.仕事が出来るキャディ

正直、圧倒的に1でしょう(笑)。

 

あまりゴルフが好きでない方やスコア的にもアベレージ以下の方は

圧倒的にビジュアル重視ですね。

 

向上心のある方、上級者になってくると

可愛いだけのキャディさんでは納得しません。

 

毎週土日プレーする人は、ホームコースを持っていますので

キャディを指名する方が多いです。

最初は可愛いキャディさんを指名しても、仕事が中途半端だと皆さん変更していく事からも最後は仕事ぶりが重要なんですね。

 

私のホームコースであるグヌングリスCCは、キャディの教育が比較的しっかりしていて、ラフから打ったショットも全部目土をします。

Gunung Geulis CC (グヌングリスCC) Valley Course (EAST Out) 雄大なパノラマビューでインドネシア屈指の美しいゴルフコース - としぼうのエンジョイ・ライフ

 

グリーン上では、気づいたらどんどんボールマークも直しています。

インドネシアのゴルフ場はかなりのコースに出向きましたが

このキャディ教育はトップクラスですね。

(たまに仕事をしないキャディがいますが、ビジュアル系です(笑))

 

優秀なキャディになってくると2~3ホール目で、打つクラブを差し出してきます。

ほぼ1~2ホールでそのプレーヤーの飛距離を把握するんですね。

 

指名しているキャディの場合で、この息が合ってくると微妙な距離や風の計算など

相談する事が非常に意味のある事になります。

また、ミスショットを連発し、イライラしている時など、レイアップするのか狙うのか等を冷静なアドバイスをしてくれます。

 

ジャゴラビ(Jagorawi Golf & Country Club)は、硬派なゴルフコースでキャディは男性がメインです。

ここはキャディがバックを担いで18ホールを廻ります。

私のクラブセッティングはアマチュアの中では重い方なので、大変恐縮してしまいます。

若い男性キャディと廻った時は、毎ショット毎にタオルを差し出してくれ、ペットボトルの蓋を外して渡してくれました。

しかも、感動したのは

自分の前を歩く

です。

 

実はゴルフをしていて、リズムが狂うのが私の場合キャディを待つことなんですね。

私の歩行速度は速いです。

ショット前に色々考えたいため、スロープレーにならないようにとりわけ歩く速度は木をつけています。

 

そうなると、手元にクラブが無い。。

なんてことが頻繁に生じてくる場合があります。

 

このジャゴラビの男性キャディは、自分の前をキャディバックをしょって歩く。

気分はツアープロです。

しかも、ミスショットをした場合に

今のショットは何処が悪かったかを確認し合えます。

(こういうのが嫌いな方が多いのもわかりますが)

 

男性キャディであっても楽しくプレーが出来ます。

キャディに文句を言う前に、キャディを味方につけられるように行動しましょう。

www.toshibo-enjoylife.net