としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

澄み切った青空の下で映えるジャカランダの紫の花 花言葉は名誉と栄光

広告

10年程前にアメリカLAに出張した時に
レンターカーで借りたオープンカーに乗りながら、青空の下気分良くドライブができました。


LAは砂漠の街。
植物が育つには過酷な土地です。
その中で目にしたのが紫色の花が綺麗な木々でした。

 

あの綺麗な紫色の花は何というんだろう?
日本では桐や藤の花が紫色が綺麗ですが。

 

花や木の名前を調べるのは、思ったよりも難しいです。
長年、心の片隅に残っていたスッキリしない事でした。

 

いつかLAを再び訪れ、あの紫の花が見られたら、絶対に名前を確認しようと思っていました。
でも、一体咲いていた季節はいつだったのだろう?

今年、ツイッターの相互フォローしているパラグアイの方のツイートに
あの花の写真がアップされている。

 

早速、名前を教えてもらいました。
ジャカランダ Jacaranda
うーーん 聞いた事ない。。。

調べてみると花言葉は

名誉

栄光

格好いいです。

 

この時は名前がわかっただけでも長年の疑問が解決し嬉しかったです。

 

その約1ヶ月後、仕事でオーストラリア・メルボルンにやってきました。
季節は初夏の11月下旬。

 

なんと多くの場所でこの花が咲いていました。
LAと同じ見事な青空の下で咲き誇っていました。

 

やっぱり美しい。
色々なことを考え思い出しながら車の車窓から眺めていました。

 

仕事の成果を感じつつ、シドニーに空路移動。
地元のエージェント、名前はジャットさんと合流しレンタカーで移動。

 

シドニー郊外にでると(街の名前はリバプール)、
ここでも見事に咲いていました。

 

するとジャットさんがこの紫色の木は
ジャカランダと言うんだよ。
と話してきました。

この時期は、この花の下で色々なフェスティバルがあるとのこと。

何だか嬉しくなってきました。

 

仕事で訪問しているので、移動は全く寄り道せずの道のり。
本当は、車を降りてゆっくり眺めながら写真も撮りたかったのですが
それは今回は叶いませんでした。

 

最終日は16時程で全ての仕事が終わりホテルにチェックイン。
サマータイムを採用しているので、21時頃までは明るいです。

初めてのオーストラリアなので、オペラハウスでも見ておこうと
タクシーを拾いました。

海岸沿いのオペラハウス周辺、刺すような強い陽射しで
このジャカランダの花のピークは過ぎていました。

f:id:Toshibo:20171124195355j:image

満開の木を撮れなかったのが残念です。

f:id:Toshibo:20171124195404j:image

 

もう名前もわかったし、LAに行く理由がひとつ無くなったなぁと
思いながらLAのパープルに染まる夕焼けを思い出しました。

 

日本では、宮崎と熱海が名所らしいですね。

皆さんも是非美しいジャカランダの花を楽しんでみてください。