としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

Singkong Baladoを作るためにインドネシア伝統の石臼を用意。Cobek(チョベック)とUlekan(ウレカン)。

広告

職場でBaladoの話をしながら、

Singkong Baladoを自分で作りたい!

と一言話したら、皆が食いついてきました。

特に女性陣。

 

”本当に作るの?”

”うん”

”*****持ってる?”

”え? 何???”

”*****” 

”何それ??”

 

こんな会話を繰り返し、必要だと分かったのが

CobekとUlekan

お皿の方がCobek(チョベック)で持つ方がUlekan(ウレカン)と言います。

インドネシアの伝統的な石臼ですね。

f:id:Toshibo:20180413112325j:image

 

”どこに売っているの?”

”トラディショナル・マーケット”

”うーーーん、どこにあるのよ???”

 

という事で、オフィスボーイが買ってきてくれることになりました。

彼がどこかから調達してくれます。

他に何が必要かと聞くと

唐辛子、ニンニク、赤ニンニク、黒砂糖…

もちろんシンコン(キャッサバ)。

全部、買ってきてもらう事にしました。

 

渡した金額は 100,000 ルピア (約800円)。

 

買ってきてもらったのがこれ。

20,000 ルピアのおつり。

つまり全部で640円位です。

f:id:Toshibo:20180413112339j:image

うーーーん。唐辛子が今一つ、質が良くない。

赤ニンニクも今一つです。

このオフィスボーイの行きつけのお店はダメダメです(苦笑)。

 

シンコンは2kgもあります。

f:id:Toshibo:20180413112349j:image

 

 実は自分はこのシンコン(Singkong)が大好きです。

タピオカはこのシンコンから作ります。

デンプンですね。

日本でタピオカといったら、グニュグニュした粒々をイメージしますが

これを加工したものです。

 

皮の内側にはシアン化合物のような毒性があるので、

取り除かなければいけません。

 

また、芋なのにすぐに痛むので(翌日には真っ白だったものが青みがかかったり、黒くなったりしてしまいます)、

すぐにボイルして、凍らせたりします。

 

凍らせても油で揚げたり、炒めたりして食べると美味しいです。

 

石臼は、セメントを混ぜて作ったもののようです。

職場の女性は、メラピ(ジョグジャカルタ)で本物の石のものを買ってきたと言っています。

メラピは活火山で多くの火山岩から作っているんでしょうね。

まだ、ブログを始める前にゴルフ合宿で行った時のメラピの火山です。

f:id:Toshibo:20180413113700j:image

どこかのタイミングで思い出記事を書いておきます。

 

さて、これらを使って、早速、Singkon Balado作りに挑戦!

~~続く~~

www.toshibo-enjoylife.net