としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

コースは変化に富んで面白いSentul Hilands Golf Club(スンツール ハイランド ゴルフ クラブ)。キャディ教育もしっかりお願いします。

広告

 

断食月に入り、ゴルフをするローカルが殆どいなくなって、どこのゴルフ場も空いています。

多くのゴルフ場がプロモーションを実施したりして、普段よりも安くなったり、

混んでいると評判のコースもガラガラになったりします。

 

ジャカルタ近郊のゴルフコースも大体制覇してきましたが

この機会を利用して、未プレーのSentul Highlands Golf Clubに行ってきました。

 

午前中はなんと全部で5組しか入っていません。

アウト・インに別れて、アウトスタートは2組。

 

それなのに、前の組みがまだセカンド地点にいるのに

ティーショットを打てとキャディが…

午前中、アウトスタート2組しかいないんですよ…

それなのに前が見えているのに出ろって…

 

暫く仲間と話しながら、待ちました。

f:id:Toshibo:20180603231404j:image

 

f:id:Toshibo:20180603231425j:image

 

スターティングホールは広々として、プレッシャーがかからないので安心ですね。

f:id:Toshibo:20180603231749j:image

f:id:Toshibo:20180603231823j:image

f:id:Toshibo:20180603231830j:image

f:id:Toshibo:20180603231851j:image

 

プレーしたイメージでは、インコースに入って少しハザードが効いているように感じました。

クリークに届いてしまうので、刻む必要があったりします。

 

コース全体で言えば、適度にフェアウェイにアンジュレーションがあり、

レイアウトも飽きがこないように設計されています。

f:id:Toshibo:20180603232331j:image

 

また、この地域のゴルフ場の特徴として、岩がコース内に多くあります。

(多分、サラーク山の噴石??)

 

仲間が打ったボールが目の前の岩に当たり、100ヤード位後ろに飛んでいったショットがありました。

運が悪かったら本人に直撃していたところです。

決して無理をしたショットはいけないという警告ですね。

 

ボールの落下地点が見えないホールもありましたが、

コースを覚えるとより攻めがいがあるコースと思います。

 

最終ホールは枕木を縦に使ったバンカーがありました。

f:id:Toshibo:20180603232643j:image

f:id:Toshibo:20180603232707j:image

 

こういう枕木の使い方をしたバンカーを初めて見ました。

子供の描いた太陽の絵みたいで楽しいです。

 

さて、コース自体は楽しいレイアウトでしたが、

問題が一つ。

 

キャディの教育がなっていない!

f:id:Toshibo:20180603233232j:image

 

全部のキャディが悪いわけではないと信じたいですが

何しろ仕事をしなかったですね。

 

極め付けは、ティショットの時にペチャクチャ喋っていたこと。

プレーヤーの邪魔してどうすんだよって…

 

キャディにイラっときたのは、ゴルフ歴30年以上で初めてじゃないかなぁ。

 

プアサ(断食)だからって言っていましたが、カートに積んだお菓子食べたり飲み物を飲んでたし…

 

普段は詰め込み過ぎで異常に混んでいるという悪評もあるし

キャディがこんなんじゃ、もうプレーしないかも。

 

コースは面白かったので、少し残念でした。

 

www.toshibo-enjoylife.net