としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

インドネシアの国花 ジャスミン。香りはお化けを招待すると… インドネシア人はお化け話が大好きです。

広告

先日、会社の式典があり日本から役員や招待客が来イされ、会食をしていた時の事。

インドネシアの国花は何だろう?

と言う話になりました。

 

胡蝶蘭をよく見るから蘭かなぁと思いましたが

今は便利な時代です。

 

スマホですぐに調べてみました。

 

すると、インドネシアの国花は、

マツリカ(茉莉花)

とあります。

 

いわゆるジャスミンの事でした。

 

インドネシア語ではmelati(メラティ)

 

一つ勉強になりました。

 

その翌日、式典で会場に飾られた花のアレンジメントに使われていました。

式が終わり、飾られていたジャスミンの花の飾りを切り取って

アパートに持って帰ろうとしました。

 

とても良い香りがしますからね〜。

 

f:id:Toshibo:20180712213938j:image

 

するとスタッフ全員が、ニコニコしながら

“Melatiの花を寝室に置くとお化けを引き寄せるよ〜”

と言ってきます。

 

“マジ〜???”

 

“本当”

 

男性社員も女性社員も皆んなが言います。

結構、真面目に面白おかしく…

 

どんなお化けが出るのと聞くと

黒髪ロングの若い美人との事。

日本のお化けと違って足はあるけど、浮かんでいるそう…

 

“美人のお化けならウェルカム!”

 

と言って、会社を後にしました。

皆んな笑っていましたね。

 

このジャスミンは、結婚式でもほぼ必ず使われるようです。

インドネシア人の友人の結婚式の写真ですが

首飾りとして使われています。

 

f:id:Toshibo:20180712214005j:image

f:id:Toshibo:20180712214012j:image

 

 

この結婚式は、スンダ式ですがジャワ式の結婚式にも同様に使われます。

 

それぞれ特徴がありますが、東南アジア・テイストで良いものです。

 

さて、話を戻して、お化けの話。

インドネシア人は皆んなお化けの話が大好きです。

 

インドネシアでは埋葬は土葬が多いので、墓場はいかにもっていう感じの雰囲気を出しています。

墓地の中を通る事もありますが、夕方歩いている人の中に本物のお化け、幽霊がいても

全く不思議では無い雰囲気です。

 

いまだに魔術が信じられているようですし、カリマンタン島には、人喰い人種が残っている国です。

バリ島の一部には頭蓋骨が並べられているエリアもありますし

霊的な話には事欠きません。

 

ボゴールの象徴的なサラーク山。

ゴルフをプレーしている時にいつも身近に見ている綺麗な山です。

一度、登山をしてみたいなぁ〜と言うと

キャディが皆んなお化けが出て生きて帰れないよ〜

と言います。

 

f:id:Toshibo:20180712214040j:image

 

数年前も登山に入った7名が帰ってこれなかったようです。

お化けの仕業だと…

 

ジャスミンの香りでリラックスをしながら、

インドネシア人のお化け話好きを思い出しました(笑)。