としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ゴルフ 明日に繋がる 良い流れ・悪い流れの意味は?

広告

f:id:Toshibo:20180825235742j:image

 

ゴルフをしているとよく良い流れとか悪い流れ、明日につながる終わり方等の表現が使われます。

 

自分は今まであまりそのような事を感じたり、意識したことがありませんでした。

 

そんな自分ですが、最近随分とその重要性を考えるようになりました。

 

まずは、明日に繋がる終わり方。

 

プロの試合を見ているとよくプレー後のインタビューで明日につながるといった事を話すプロがいます。

また、同様に解説者も明日につながりますね〜 と話したりしています。

 

実はこれが全く実感として理解できなかったんですね。

プロなのに明日に何がつながるの?

寝たら変わっちゃうし…

 

と思っていました。

 

ここ最近ずっとショットの好不調の波が大きく、特にドライバーショットは球筋が

本来のドロー系からコースで思いっきり逆球のスライスが出たりすることがあります。

その日のプレー中にそれなりに修正ができて、最後のショットがそこそこであれば、

プレーが終われば、あまり意識をしていいなかったのです。

 

それが、終わりが悪いと、次のプレーの時まであれやこれやと色々と考えてしまうことがあります。

 

特に逆球が出てしまうとアドレスからスイングまで悩み出してしまいますね。

 

多分、日本にいる時は、プレー回数よりも練習場に通う回数の方が多く、

その都度、修正ができていましたが、

こちらでは、圧倒的にプレー回数の方が多い事も影響しています。

 

先日は、どうしてもプレーしていない時に気持ち悪い感覚が残りすぎてしまったため、

最寄りのコースのドライビングレンジで打ちましたが、

全く修正ができないので、下手を固めるのを避けるためにやめました。

 

良い流れ、悪い流れというのも同様な感じがします。

 

日によっては、ショットが絶好調…

ドライバーは振っても真っ直ぐ飛ぶし、アイアンも切れ切れでグリーンを捉える…

先日は、4つのパー5で2回ツーオン、1回がグリーン奥に僅かに溢れるという程…

しかし、イーグルパットが入らない…

 

こんな事は滅多にないものの、上手くショットをつないできて、

バーディパットが入らなかったり、

上手くリカバリーしてパーパットが入らない事が続く…

短いボギーパットを単純にミスして素ダボにしてしまう…

 

などが続くと、その後、必ず悪い流れがきます。

 

これもそんな運的な流れというものを信じていませんでしたが、

精神的なものと理解するようになりました。

 

自分のミスで取れるものを逃す、

バーディやパーパットを単純に外す…

 

そうすると精神的に次のシーンで悪いイメージが浮かんでしまい、

自信を持ってプレーができなくなり、全然カップに絡まなくなってしまいます。

 

これが良い流れ、悪い流れなんだと感じるようになりました。

 

そんな時どうするか?

 

昔、人に聞いた事があります。

 

“ゴルフはすぐに上手くならないけど、すぐに下手にもならない”

 

そうなんです。

 

上がってみれば、そんなにスコアは大きく変動しません。

 

ミスが続いても変に意識をしないで、次のことだけを考える。

これが重要です。

 

実はだからこそ、メンタルトレーニングが重要なんですが

これはまた別の話…