としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ジャカルタ駐在員はメジャーリーガーやアメリカのプロゴルファー以上の移動時間と日々戦っています!

広告

メジャーリーガーの移動距離は日本のプロ野球に比べて半端なく多く、

体力も半端無いものを要求される…

プロゴルフの世界も同様でアメリカでもヨーロッパでもその移動距離から

日本人の一般的なアスリートでは到底成功しない…

 

そんな事がよく言われます。

 

でも…

 

ちょっと待って…

 

米国駐在時代にプライベートジェットで移動させてもらったことがありますが、

レンタカーで空港の特別なゲートから格納庫横の待合室まで乗り入れ、

キーをポイっと受付に投げるだけで…

手書きのチケットをもらい、格納庫のジェット機を見学しながら搭乗…

 

なんのストレスもなく、目的地まで移動できるという体験をしています。

 

メジャーリーガーなら皆んなこんな感じ。

一般旅客に混じって、セキュリティチェックなどしていません。

しかも座席はファーストクラス。

 

USPGAで戦う選手も多くがプライベートジェットを利用。

丸山茂樹プロもアメリカツアーで戦っているときは、

年間のプライベートジェットのレンタル代が6,000万円位かかっていたとジャンクスポーツで話していました。

 

だけど、ちょっと待って欲しい。

 

LAからNYまで飛んでも7時間程度。

時差や前後の移動を考えても、そんなものです。

 

さて、ジャカルタの駐在員はどうかというと…

 

最近、理由もわからない渋滞があったりして、

わずか30km余りを5時間とかかかって移動しています。

 

しかも、狭い車の中…

 

自分の最近の車の中で過ごす時間は、普通に8時間、9時間を超えるようになり、

最高に過ごした時間は、なんと11時間。

 

移動距離は、100kmも無いかもしれませんが

メジャーリーガーよりもよっぽど大変です!

 

車の中なので、トイレに立つこともできないし、

エコノミー症候群になってしまいます。

 

現在、急ピッチでLRT、MRT、高速道路の2階建化を進めていますが

基本的にその影響の渋滞となっています。

 

色々なインフラが出来てくるのが、2020年位から…

 

という事は、完成する前に帰任になります…

 

多くのジャカルタ駐在員が日々戦っている交通渋滞。

何の生産性も無いのですが、どうすることもできないのも事実。

 

うーーーん やり場の無い、虚しさが最近特に募っています。

 

今日は歩くのも辛くなるくらいの腰痛が出てきて、

思わず、愚痴の記事になってしまいました。

 

明日からまた頑張ろう!!