としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ゴルフの新ルール。一番プレースタイルを変えそうなのが、ピンを刺したまま打つパッティング。

広告

2019年に大きく改正されたゴルフ・ルール。

やはりゴルフ仲間内では、当然大きな話題になっています。

 

ドロップの仕方は、自分がゴルフを覚えた時は肩越しに後ろにドロップするというもの。

それが腕を水平に伸ばしてドロップをする方法が長いこと続いていました。

 

今回の改正で、膝の高さから落とすようになりました…

随分変わったなぁと思いますが、あまり大きな影響は無さそうです。

 

一番影響が大きいだろうと思うのが、

パッティングの時に旗竿を抜かなくてもよくなった事!!

 

これは、ゴルフを大きく変えるかもしれません。

 

実際にプレーする前までは、ボールが旗竿に当たって弾かれることもあるのではないかという心配。

 

それで、最初は今まで通り抜いてパットをしていました。

 

既に元日からプレーをしている仲間は、ピンを刺したままガンガン強めに打ってきます。

そして肝心な事は、ピンに当たればボールがカップに吸い込まれるという事。

 

弾かれるの事は実際ありませんでした。

 

これは、旗竿の材質や太さなども影響しそうなので、全部に当てはまらないかもしれませんが…

 

自分も数ホール目からピンを刺したままプレーをしました。

 

自分のパッティングは、ジャストタッチの距離を打つ事…

ピンを刺した時は、ピンにぶつけるように強めに打てるという事がわかりました。

 

1m程度のショートパットでも、結構切れる時がありますが、

ピンにぶつけるように強く打つ事が出来るので、

ラインを消す事が今まで以上に楽になります。

 

1mの距離を3m程度打つくらいでもガツンと当たって、カップに吸い込まれていました。

 

ちなみに今日のラウンドはグヌングリス CCのEASTコース…

ピンが太めで重いタイプです。

f:id:Toshibo:20190105222059j:image

 

色々なタイプで検証が必要ですが、

ピンを刺したままで打つスタイルが増えるのではないでしょうか?

 

ただ、ピンを刺したままボールをカップから取り出す時に

ホールの縁を痛めてしまいそうですね。

 

まだ、新しいルールの下でプレーが始まったばかり…

 

どんなプレースタイルになっていくか、楽しみになってくる反面、

寂しくなるような気持ちもあります。

 

当分の間、新旧ルールの違いを仲間とガヤガヤと話しそうですね。