としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

今夏、グリーンをTif Eagle Bermuda(ティフイーグル・バミューダ)芝に全面張り替えが決定!

広告

ホームコースのホプキンスビル・カントリークラブのグリーンが悲しい状況だったのですが、今夏に張り治すことが決定していました。

 

コースからレターが届き、6月4日から約10週間かけてのメンテナンスに入りました。

 

f:id:Toshibo:20190606113930j:image

グリーンは残念な状態…

 

その中で芝生についてコメントがあり、

Tif eagle Bermuda

という種類の芝生になることがわかりました。

 

少し調べてみました。

 

いわゆるティフトン系の芝生です。

ジョージア州のティフトン群の農業試験場で生まれたとの事…

(ジョージア大学という話もあり。)

 

ティフトン328という種類がティフグリーン(Tifgreen)と呼ばれており、

バミューダグラスになります。

葉が細くて柔らかく高密度、グリーン用。

 

それから改良が進み、

ティフイーグル(Tif Eagle)が生まれています。

ティフウェイと呼ばれるティフトン419の改良型で、3代目になるようです。

もう21世紀では最高のグリーン用の芝生の種類とか。

 

株式会社三商さんのホームページを見ると、

ティフイーグル|種苗|株式会社三商

 

1.スピード、一貫性、プレーに適した芝

2.低温時でも優れた葉色を保持

等、詳細は割愛しますがワクワクする言葉が並んでいます。

 

8月下旬には生まれ変わったグリーンがお目見えする筈です。

 

それまでは、フェアウェイに作られた臨時のグリーンを使用します。

 


f:id:Toshibo:20190606114020j:image

f:id:Toshibo:20190606114028j:image



これもまた、楽しまなければいけません。

 

グリーンは小さいので、乗せるのは難しいはず…

 

距離も極端に短くなりますが、それを逆に楽しみたいと思います。

 

それまで、隣町のクラークスビル・カントリークラブ(プライベートコース)が

20ドルで使えるようになりました。

 

それもまた楽しみ…