としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

レッスンを受けてすぐに実戦ラウンド…結果がすぐに出て嬉しくて笑っちゃいます。 Gaylord Springs Golf Links。

広告

ゴルフのレッスンを受けた後に、

実戦で練習しようとそのまま、

Gaylord Springs Golf Links

をプレーしました。

 

受付で一人でも廻れる?

って聞くと、今から? OKだよって、

手軽です…

 

9ホール? 18ホール?

って聞かれ、ちょっと悩みました。

 

何しろ天気予報は雨…

今は止んでいるけど、1時間後には降ってくる…

 

残念だけど、9ホールにしました。

 

バッグドロップに行き、カートに積んでもらいながら、

雑談…

 

1番ホールに行くと、

フェアウェイのアンジュレーションが結構あります…

 

f:id:Toshibo:20190611071214j:image

 

もう笑いが出ちゃう程、嬉しくなってきます。

コースが綺麗なのと自分の好きなコースデザインです…

 

日本でのホームコースが山岳なのと、

ジャカルタでのメインコースも比較的山岳に位置付けられるコース…

 

正直、山岳コースって簡単に感じるんです…

斜面にぶつけてフェアウェイに戻せるという救済がかなりあって、

ラッキーな面もあるものの、王道ではないような…

 

斜面がハッキリしているライも、やる事は決まっています。

微妙なアンジュレーションがスタンスを惑わすので、ミスも誘発して、

ショットのレベルが上がると思っています。

 

メンバールートやらホームコースアドバンテージが多い…

良い事でもあり、つまらない所でも…

 

好きなコースは基本的にフラットで距離があり、

14本のクラブを全部使わなければいけないようなコースです。

 

フラットなのにアンジュレーションがあり、簡単に自由にスイングをさせてくれない…


f:id:Toshibo:20190611071305j:image

f:id:Toshibo:20190611071308j:image

f:id:Toshibo:20190611071319j:image

f:id:Toshibo:20190611071316j:image

 

ここはまさにそんな感じを予感させてくれるコースです。

 

レッスンで習ったスイングが出来るか?

 

普段通りにセットアップして、習った事の反復…

 

バシッと放たれたショットは、笑ってしまいました…

 

完璧!

 

最近、こんなショット出ていなかった…

 

セカンドショットのアイアン…

 

これも同じように打ってみました…

 

ビシッとミズノプロ118から放たれたショットは、心地良い打感を残して、

飛んで行きました…

 

グリーンは木の花の種?が一杯あるのは愛嬌として、

綺麗にメンテナンスされています…

f:id:Toshibo:20190611071523j:image

 

転がりも素直でパットも楽しい感じ…

 

ショットが改善するとパットも良くなります…

 

ホールが進むにつれて、少し慣れてきました…

 

トップでグリップを背中側に落とすイメージ…

かなり自分としては、プレーンよりも背中側にグリップが入っています…

 

グリップを落としているので、クラブが寝ます…

(自分の感覚で…)

 

うん、まさにパッシブトルクです…

 

ここから、ボールに対してアタックしていくのですが、

クラブが寝た状態になっているという風に感じます。

 

ただし、ここから物凄い速さでクラブが立ってくるんですね…

 

ヘッドは勝手に加速をして、インパクトを迎えます…

 

インパクト以降、自分のスウィングの特徴は、

余り右手が返ってこない事…

 

グリップスピードが極端に遅い、ボディーターン・スウィングです。

(川岸良兼プロの対極…わかる人いるかなぁ?)。

 

アメリカはボディーターンが主流な事もあり、

コーチからは全く変更しなくて良い…

と言われたポイントです。

 

実はここもこの半年間いじろうとしていた所…

 

やっぱり、自己流でスウィングをいじってはいけません。

 

しかも、スウィングでフェードとドローを打ち分けられる…

 


f:id:Toshibo:20190611072748j:image

f:id:Toshibo:20190611072752j:image

 

まだ、完全にものに出来ていませんが、

理屈がわかったのでそれをするだけの能動的な脳へのイメージができます。

 

これ、脳科学的にも良い事で、

今後に大いに期待が持てる事になりました…

 

嬉しい…