としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

芝生の種類について痛感… アプローチで迷ったら転がしがやっぱり常道かなぁ

広告

朝ゴルフ場について、ポロショップで受付…

 

1番ホールを見ると数組のグループがスタートする所でした…

 

途中詰まって待つのもなんなので、アプローチの練習でもしようと…

 

都会の人気のあるゴルフ場や有名なリゾート地で無い限り、

 

スタート時間に寛容なのがアメリカです…

 

適当にスタートして全く問題ありません(笑)…

 

グリーン傍にボールを転がして最初に感じた事…

 

芝がペタペタ…

 

綺麗な状態に管理されています…

 

でも、ボールのライはベアグランドのような…

 

f:id:Toshibo:20190709205343j:image

 

 

よく日米のゴルフ場の芝の差が話されますが、正直それほど気にした事がありませんでした…

 

一般的には、日本の芝生の葉は硬いのでボールが浮くという事…

 

特にラフはティアップした状態になったりするので、初心者の頃はフェアウェイよりも、

 

ラフの方が打ちやすかったと思います…

 

ジャカルタのゴルフ場でも芝生が違いました…

 

特にツアーも開催するロイヤル・ジャカルタゴルフコースは、

 

ラフにボールが沈むので、プロの試合の後のラフだと、

 

サンドウエッジで50ヤード前後出すのが精一杯だったりします…

 

アメリカに来てからは、ツアー仕様のコースをまだ周っていないため、

 

極端なラフはありません…

 

ボールは沈みますが、その分葉が柔らかいので、何とかなります…

 

もう少し長くなると太刀打ちできなくなりますが、それだと一般のアマチュアは

 

ストレスが溜まるでしょうね…

 

さて、そのアプローチ練習場でのグリーン周り…

 

嫌な予感がしました…

 

スタートして前半9ホールはパットが決まらず、平凡なプレー…

 

後半は木がスタイミーな所にボールが止まっても、上手くリカバリーが出来て、

 

15番まで1アンダー…

 

パットがあと2、3回入っていたらなぁ…という内容です…

 

最近は、上がり3ホールが上手く乗り切れない…

 

何となく守りに入って、ボギー、ボギー…

 

1、2m前後のパーパットが外れたので、まぁしょうがないって感じ…

 

最終ホールのパー5…

 

ティショット、セカンドショットはほぼ完璧…

 

サードショットが少し噛んで、グリーン手前10m…

 

ピンは奥でトータル30ヤードでした…

 

サンドウェッジだけ持って、ボールの所に来て…

 

あ、朝と同じライだ…

 

ぺったんこなんです…

 

しかも前夜の雷雨で下はかなりウェット…

 

パターでも良い所です…

 

結果としてクラブ選択のミス、技術力の無さを感じた事になりました(笑)…

 

最初は見事にザックリ…

 

続いてトップでグリーンオーバー…

 

プレー後も反省をしました…

 

ライの見極め…

 

疲れてくると考える事もしなくなってしまう…

 

迷ったら、転がしですね…