としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

季節はすっかり秋めいてきました… ケンタッキー州…

広告

ジャカルタ駐在から横滑りで米国駐在(といってもケンタッキー州の片田舎ですが)、

 

感じるのは季節の移り変わり…

 

インドネシアは赤道にほど近いので、1年を通して30℃を超える気候…

 

といっても、行ったことがある人はわかると思いますが、

 

日本の夏の方が耐えられない暑さです…

 

もうひとつ、あまり語られる事が無いのですが、

 

1年を通して昼間の時間と夜の時間がほとんど変わらない事…

 

日の出の時間とか30分位しか変わらないんじゃ無いかなぁ?

 

季節は雨季と乾季だけ…

 

陽の長さも変わらない…

 

なので、記憶がすごく曖昧になったりします…

 

あの時は何月だったんだろう?って感じです…

 

何で記憶をつないでいるかというと、ドリアンがシーズンだったなぁとか(笑)…

 

アメリカにやってきたのは、2月…

 

まだ、マイナス10℃まで気温が下がる時でした…

 

ゴルフ場も凍っていて、昼間気温が上がって溶け始めると、

 

もうグシャグシャ…

 

田んぼになってしまっていました…

 

春になると一斉に花が咲き乱れ、とても美しい季節となりました…

 

驚いたのは桜の木が一杯ある事…

 

ワシントンDCだけではありませんでした…

 

比較的長い春が過ぎると暑い夏…

 

梅雨が無いので、春が長く感じるんですね…

 

その頃はトルネードの警報がよくオフィスに流れていました…

 

と思っていたら、一気に季節は秋…

 

日の出も遅くなり、冬がやってくることが感じます…

 

残念ながら、この辺りは湿度の関係か、木々の葉が紅葉する前に落葉してしまいます…

 

来月には綺麗な紅葉のシーズンになりますが、少しドライブを楽しみながら

 

紅葉の名所の国立公園でも行こうかと思っています。

 

今回の関東を襲った台風のニュースを見ていると、日本はとても天候の厳しい地域になってしまいました…

 

四季のある美しい国…

 

というのが、もう長〜い蒸し暑い季節が続く過酷な国になったと…

 

何しろインドネシアよりも暑いんですから…

 

会社の駐車場にある桜の木は、8月には全ての葉っぱが落ちてしまいました…

 

f:id:Toshibo:20190914214615j:image

 

まだ、日中は30℃を超える日が続いています…

 

でも、雰囲気は完全に秋の訪れを感じさせています…

 

昔の日本もこんな風に秋を感じたんでしょうね…

 

中秋の名月の日、千葉県の皆さんはそれどころじゃないと思いますが、

 

日本人の素晴らしい自制心や他者を気遣う国民性で、乗り切って欲しいと思います…

 

久しぶりの仕事の無い週末の朝…

 

ゆっくりとした時間が流れています…