としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

ゴルフ もうワン・ステージ上がる為に… イメージを如何に描くか… 技術的な事にこだわってはいけない。

広告

スクラッチプレイヤーから見たもう一段レベルを上げるのに必要な事…

 

ラウンドを通してプレイ内容を見たり、話をしながら感じた事を少し書き留めておきます…

 

まず、簡単な事ですが、決断をしてからプレーに入るまでが早い…

 

ルーティーンの中でも意識をしている模様です。

 

アドレスに入って目標を確認したら如何にスムースにバックスイングに入っていくか…

 

彼はかなりフォファード・プレスをしますが、そこからのショットは非常にスムースです…

 

ワッグルを繰り返したりするのは、もう全くダメって言っています…

 

試合と違い遊びのゴルフなので、ティショットの狙いも少し甘いのだと思いますが、

 

ターゲット設定は迅速、ハザードを何ヤードで越えるか? 入るか? はしっかりと確認…

 

それによりクラブ選択とターゲットラインを変えるという感じ…

 

アプローチでは、Confortable という事を最も強調…

 

つまり、打つ前に不安があるような事はしてはいけない。

 

そして、イメージが最も重要…

 

スイングの技術的な事を考えてはいけない、イメージを常に持つ事…

 

彼が叶わなかったプレイヤーはアプローチは全てのショットをカップインを狙っていた、

全てラインまでイメージが出来ていた…

 

 

f:id:Toshibo:20190928210847j:image

 

 

“スコットランドのゴルフってそういうものなの?”

 

と訊ねると、やはりフェアウェイの硬さが違うのでランが出る…

だからアプローチにしても転がしを生かした方が確率が高い…

 

あげて止めるショットは素晴らしいが、リスクが大きすぎる…

 

どれも一般に言われている事ですが、スコットランド出身のトップアマチュアの言葉だけに

素直に耳に入ってきます…

 

技術的な質問には、

“ショットもパッティングも問題ない…”

 

そして言われたのが、

 

“ Golf is not a game of perfect”

 

という本を知っているか?

 

素晴らしい本で、自分はいつもシーズンに入る前に読み直し、イメージを膨らませているんだ。

 

彼曰く、もう技術的には十分なレベルに達している、

それ以上の結果を出すのは、イメージなんだ、

スウィングの技術的な事ではない…

 

パットに関しても打ち方は悪くないものの、何か言いたい事があったようです…

そこは次に会った時にもう少し突っ込んで聞いてみます…

 

“パットは自宅で打っていればいい?”

“それではダメだ、ちゃんと技術的な正しい方法がある”

 

再会が楽しみです。