としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

ついにアメリカは国歌非常事態宣言を表明… アメリカの凄さ、トランプ大統領のリーダーシップを強く感じました。

広告

WHOがパンデミックを宣言した3月11日以降、アメリカ人の雰囲気が一変しました…

 

街からは水や食料、トイレットペーパーが買い占められ、殺菌関係も無くなりました…

 

しかも値段が釣り上がっていたり…

 

少し前の日本と同じ状況ですね…

 

そして各企業の対応も一気に変化が…

 

私も立場上、社内の方針を決定しなければいけませんが、正直何が正解かわかりません…

 

来週、日本から駐在員が赴任しますが、皆んな困った感じ…

 

そんな中、午後に大統領が国家非常事態宣言を出すという話が…

 

Youtubeでスタッフと共に会見を見ました…

 

トランプ大統領はその指導力を示さないと選挙も危なくなるといった考えもあるのかもしれません…

 

しかし、純粋にこの事態を何とかしようという本当の意味でのリーダーシップを感じました…

 

周りにはスタッフが代わる代わる少しのコメント…

 

大手スーパーマーケットや薬局の責任者が堂々と話をしていました…

 

国歌非常事態宣言を出すことによって、巨額のお金や思い切った政策が打ち出す事が可能になる…

 

目玉が500億ドルの資金を使う…

 

5兆円を超える金額です…

 

それらを発表している間、NBCのライブ映像に表示されているNY市場の株価がどんどん上がっていく…

 

f:id:Toshibo:20200314222819j:image

 

隣の米人もスマホで株価の上昇を見ながら、びっくりしています…

 

会見は続いていますが、周りの米人は笑顔で拍手したり…

 

アメリカのアメリカらしいシーンを経験することができました…

 

多分、こんな事態は過去にありません…

 

その中でわずかな時間の会見で多分、アメリカ全土をひとつの気持ちにする事ができたような雰囲気です…

 

それに対して、日本は…

 

マスコミを始め、野党は何をしているんでしょうか?

 

正解を短時間で導き出すのは簡単ではありません…

 

批判をするのではなく、どうしたら最善の策が導き出せるかの知恵をみんなで出さなければいけないのに…