としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

寒くなってきてコロナ感染者が急増… ここを乗り越えて幸せな世の中が訪れる事を望みます。

広告

日本のニュースを見ていると、新型コロナの新規感染者が全国で2,100人を超えて、第3波がやってきていると大騒ぎになっているようですね…

 

Go To キャンペーンの影響とか気温が下がり空気が乾燥してきたからとか色々と原因があるのでしょうが、経済活動をどうするかがポイントになってきます…

 

アメリカでは先週の13日の金曜日に一日当たりの新規感染者数は、

17万7千人を超えました…

 

一日当たりの新規感染者数です!

 

ちなみに18日現在で、11,361,394人の感染者となっています。

 

日本は123,458人 (ジョンズ・ホプキンス大学)

 

この約1年間のトータルの感染者数よりもアメリカの1日の感染者数の方が多いのです…

 

確かに人口は約3倍ですが、それにしても半端ない数字ですね。

 

アメリカは州によって政策が大きく変わるので、民主党政権のニューヨークと共和党政権のケンタッキー州では大きく異なっています。

 

f:id:Toshibo:20201119002213j:image

(薬局のレジの横に売っていた新聞…KY州のどこもかしこもレッドゾーン…) 

 

 

その上で断言できるのは、あくまでも個人的な意見ですが、経済活動を止めてはいけないという事。

 

確かに経済活動をロックダウンをして止めたりしても、ヨーロッパの例を見ても根絶は難しいし経済活動再開と同時に感染者が急増するというイタチごっこ…

 

それよりも生活が出来なくなって、自殺してしまう人が増えてしまう事の方が心配です…

 

働きたくてもコロナのせいで働けずに生活が出来なくなって死んじゃうなんて、病気になるよりも辛いです…

 

政府の支援金も元は税金…

 

使えば使うほど、後に増税になって帰ってきてしまいます。

 

そもそも経済活動を止めて、その穴埋めを税金で補填するなんていつまでも続きません…

 

間もなく、ワクチンが出てくるかと思います…

 

その時にコロナ以前よりも素敵な世の中になっている事を願います。

 

一部のマスコミが報道しているような、もうコロナ前には戻れないといった、ネガティブな論調はいらないです…

 

常に進化する。

 

常に快適になる事に努力していく。

 

これを我慢するという事は、その文明が後退期に入ったことを意味します。

 

現代文明が古代文明のように滅亡してしまう始まりとしてはいけないと思っているのです。