としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

厳しい状況の中、使命感をもって懸命に働いている医療従事者の方達… 政府は臨時ボーナスで100万円位どーーんと支給してあげて… たった1兆円です…

広告

Go toトラベルが突然中止になって結構な騒動になっています…

 

個人的にはこれが直接の感染拡大の要因であるなら、8月、9月にはもう感染拡大でどうしようもなくなっている筈なので、季節要因が最も大きい理由だと思っています…

 

旅行業界に影響がある2階さんがどうたらこうたらって話もありますが、Go to トラベルは、観光業界、航空・鉄道業界など多くの産業にとってメリットがあるでしょうからキャンペーン自体は良い事だと思います…

 

が…

 

不公平感も半端ないですよね~…

 

今はKY州に住んでいるのでそもそもキャンペーンは関係ないのですが、知人のインスタを見ていると、日本全国色々な所に行っていてキャンペーンを上手く使っているなぁという人もいます…

 

ただ、理不尽と思うのは医療現場に還元された話は聞きません…

 

そもそもコロナのせいで一般の患者さんが病院に行きにくくなり、病院の収入が減ったことで給料やボーナスが減っているというニュースを夏ごろに見ました…

 

これは、なんで??? 酷過ぎって思っていましたが…

 

昨日、日本看護協会の会見を見ました…

 

使命感で一生懸命働いている方達の悲痛の叫びが聞こえてきたように感じます…

 

よく、日本の医療制度は優れていてアメリカに比べてもとても良いんだ(アメリカは大国なのに病院代も高いしダメなんだ)というような意見を聞きます…

 

これは絶対間違っていて、日本は適正な報酬を貰えないでボランティアのように働いている医療従事者の上にかろうじて成り立っているだけ…

 

大学病院の方はバイトで夜も寝られないと聞く事もあります…

 

中には悪徳病院もあるんでしょうけど、人の命を守ってくれている人達には豊かな生活をしていただきたい…

 

政府も一部の人が得をしてしまうような政策も修正して、ここはひとつ、医療従事者の方達にどーーーんと現金を支給してあげて欲しいと思うのですが…

 

ちなみにアメリカで新型コロナウィルスの経済救済法は、2020年3月27日に$2trillion (約220兆円)でした。今は300兆円を超えていると思います…

 

日本は国の直接支出30.6兆円、財政投融資など40兆円、民間が使うお金を含めて、73.6兆円を閣議決定しています(2020年12月8日)…

 

厚生労働省の2019年の調査では全国の医師数は、32万7210人。

日本看護協会の2020年の会員数は76万人。

 

合わせて約100万人です…

 

この人達に100万円のボーナスをドーーーーンと支給すると、

1兆円…

 

悪くないんじゃない??

 

(ちなみにGo toキャンペーンの補正予算額は1兆6,794億円)