としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

松山プロを目指すのはもう無理(笑)。ショット毎のシチュエーションを楽しめれば満足かなぁ〜

広告

松山英樹プロがマスターズ優勝の偉業の後の最初のラウンドはやっぱりホームコース…

 

アゼリアとハナミズキが咲き誇りほんのちょっとだけオーガスタナショナルの雰囲気が味わえる!?

 

f:id:Toshibo:20210418215122j:image
f:id:Toshibo:20210418215119j:image
f:id:Toshibo:20210418215115j:image

 

 

ホプキンスビル とアトランタは緯度的に少しアトランタの方が南に位置するのですが、オーガスタはマスターズの試合に合わせて、ツツジの花を満開にさせるため、土壌の温度コントロールやバックヤードの植木との植え替えなど影の努力をしています。

 

この日は少し肌寒い陽気。

コースにはあまり人が来ていませんでした。

f:id:Toshibo:20210418215129j:image

 

 

1番ホールには5人の若者がスタートの準備をしています。

 

どうやら5バッグでプレーするようなので、この日はのんびりゴルフです。

(それでもハーフ1時間55分でした)

 

 

オーガスタナショナルのコースに比べ、コースコンディションが残念なのですが、もうそういう事も気にならなくなりました。

 

それよりもバンカー位は使った後にならすようにするマナーをメンバーの方には徹底して欲しいですね。

f:id:Toshibo:20210418215154j:image

 

1番ホールは絶好のポジションからグリーン手前のガードバンカーに入れてしまいましたが、足跡だらけ。

 

ただ、それでも気にならなくなっているんですけど、砂が赤茶色という事にワクワクしちゃいます。

(砂というか細い土みたいです。この辺りの土地はこんな色をしています)

 

 

パー5のティーショットを少し左に曲げた時は、蟻の巣の横にボールが止まっていました。

こんなライでも楽しんで打てるようにならないといけません。

f:id:Toshibo:20210418215208j:image

 

スコアばかり気にしていると、こういう時に血圧上がっちゃいますよね。

 

さて、肝心なプレーは、松山プロのようにレイドオフにしてみようと意識しましたが全く変化無し(笑)。

f:id:Toshibo:20210418215236j:image
f:id:Toshibo:20210418215241j:image

 

松山プロのスウィングは大きく変わったように感じます。相当な努力をしたことがわかりますし、凄いですね。

マスターズを制したこと、本当に良かったと思います。