としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

久しぶりのヒューストンでgumboの昼食。お腹が空いていれば…

広告

久しぶりのヒューストン…

 

思えば、リーマンショック前の2007年…

 

アメリカの航空業界は好調な景気を支える為に無茶なスケジュールを組んでいました。

 

特にニューヨークの3空港は酷いもので、同じ時間の出発便が一体何便組まれていたのやら??

 

当然、定刻に出発できるわけもなく、1時間から2時間遅れるのは普通でした。

 

この年、月に10回程度飛行機を利用していましたが、遅れたり突然キャンセルになったりと、無事に飛んだのが

11月の1回だけ。

 

乗り継ぎ便に乗れないなど普通でしたので、どうやって他の会社の飛行機に乗るかとか、交渉力は随分つきました。

 

そして、コロナが襲った今。

 

多くの減便になったことで、滑走路の余裕は十分。

 

でも、遅延がしょっちゅう。

 

何で??

 

一つの理由が、パイロットやCAが足りない事。

 

規定がよくわかりませんが、前の便が遅れたりすると休憩しなければいけない時間を確保できず、パイロットやCAの確保ができないようです。

 

そんな中、今回は定刻ピッタリにヒューストンに到着。

 

取引先とのランチョンミーティング。

 

Pappas  Seafood  House

 

人気店のようです。

 

が…

 

全然、お腹空いていない…

 

gumboだけ食べようと思いましたが、シュリンプのクリスピーとのセットになりました。

 

f:id:Toshibo:20210723215623j:image
f:id:Toshibo:20210723215627j:image

 

シーフードのガンボはカニの殻が口に引っかかるものの、美味しくいただけました。

 

前向きな商談で一安心です。