としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

イエローナイフ 凄いオーロラ出現! ん? 白い雲?? 肉眼ではっきりわかるようなオーロラ爆発が見たいなぁ

広告

カルガリーからイエローナイフに到着した時、天気は雪…

 

しかし、飛行機が大幅に遅れたこともあり、オーロラビレッジに着いた時は、

満点の星空!!

 

北斗七星もカシオペアも頭上に堂々と輝いています。

さすが北極圏…

 

気温はマイナス29℃、体感気温はマイナス36℃との事…

 

意外と寒くない?

 

今回は、服装を随分と気にしていたんですが、レンタルの防寒着で全く問題無し。

ブーツ、上下の防寒着、手袋、フェースを覆うもの。

 

これにヒートテックだけで大丈夫そう。

(テントの中で待機する時に防寒着を脱いだ時恥ずかしくないものを中に着ていればOK。

 

さて、外に出てボケーっと星空を見上げていると、白いもやもやしたものが出ています。

 

これは、もしやオーロラでは??

 

ガイドさんに聞くとそうらしい…

 

ちなみに眼鏡をかけていて、視力は1.0より少し良い位…

 

写真で見るような緑っぽい光のカーテンのような感じに見えません(泣)…

 

どうも太陽活動が活発になり、オーロラ爆発と言われるような現象になると

それはそれは凄いようですが、普段はこんなものとか…

 

もう少し活動が活発になると肉眼でも緑色に見えるようです。

 

それでも写真を撮ると、よく見るオーロラの写真になるそうなんで、実際に来てみないと分からないですね。

 

この日はそれでも活動が活発だったようです。

 

椅子に座り、眺めていました。

 

白いカーテンがゆらゆら、突然大きく広がったり、色は楽しめませんでしたが

これがオーロラかぁと思いました。

 

カメラは持っていなかったので、写真は撮れず(さすがにiPhone 8+)では何にも写らない(泣)。

 

飛行機が送れなければ、ガイドの中で写真を撮ってもらえたのですが、それは二日目以降に期待(天気予報が悪いので、もう見られないかも)…

 

自分が写っているオーロラの写真は凄く欲しい!

(子供かっ)

 

でも、いつもと違った位置にある星座と沢山の流れ星…

その中をゆらゆらしている白い(苦笑)オーロラ…

 

良かったです。

 

ちなみにこのツアーではこんなイエローナイフのオーロラを見に来たぞ~っていう証明書をくれました。

f:id:Toshibo:20191223084026j:image

 

これは絵葉書なんですが、今回見えたのはこんな感じだったと思います。

正直、肉眼ではこんな感じには見えませんでした。

ただ、光のカーテン、ゆらゆら、突然大きく出現したり…

といった活動は肉眼でもはっきりとわかります。
f:id:Toshibo:20191223084019j:image

 

太陽活動には周期があり、前回のアメリカ駐在中(2006-2010)はあまりオーロラ観測には適していない時。周りの知人が何人もオーロラツアーに行っていましたが、皆さん残念な事に見られなかったと。その弱い周期が今年からまた10年位始まるようで、ある意味今回がラストチャンス?のつもりでした。

 

イエローナイフは3日居ればオーロラが見られる確率95%以上…

確かに初日から見られました。

でも、一般にイメージされている緑や赤など様々な色を見る事が出来るのは、

ほんのわずかなようです。

 

そんな事も実感として味わえて良かったですね。

 

ちなみに初日はホテルに戻ってきたのが朝の5時過ぎ。

 

昼間のアクティビティ(犬ぞりやトレッキング)をする若さはもうありません(笑)。

 

翌日、この日のオーロラを撮影した写真を購入することができました。

これがその写真の一部…

 

f:id:Toshibo:20191223175052j:image

 

綺麗に写っています!

f:id:Toshibo:20191225051912j:image

同じ写真も少し明るく加工するとこんな感じになりました。

 

iPhone 11 だととても綺麗に写るそうです。

 

 

それ以外だと、夜空を撮る用のアプリ(シャッター速度を遅くできるソフト)を入れると大丈夫らしい…

だいたい3秒程度の露出で大丈夫みたいです。