としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

世界は出口が見えないトンネルの中を走っていた2020年… 間もなく出口です… 青空の世界が待っているでしょうか。

広告

 

f:id:Toshibo:20201219231856j:image

 

日本で度入りのサングラスを作った時、メガネ屋さんに車の運転で使うならあまり色の濃いものはお勧めしません、トンネルに入った時に見えなくなっちゃうからねってアドバイスでした…

 

さて、アメリカで生活していると陽射しは日本とは比べ物にならない位強いので(何でだろう?)、もっと濃い色にしたらよかったと思っています。

 

今の生活でトンネルってほぼ遭遇しません…

 

ニューヨーク・マンハッタンに入る時にリンカーントンネルを使う以外にトンネルを通る記憶が僅かです…

 

2020年は世界中の多くの人が長い長い出口の見えないトンネルの中にいます…

 

出口の光が見えてきたような気もします…

 

新型コロナウィルスに関しては、そもそも騒ぎ過ぎと思っているので、間もなくワクチンが出回れば一気に状況は変わると思います。

 

1年前、このウィルスの正体はわかっていませんでした…

 

C国による生物兵器の可能性も考えられたほど世界中が恐怖に落ちました…

 

指定感染症に規制されている今回の新型コロナは様々な規制がかかっています。

どう考えてもエボラ出血熱やペストよりも怖くなさそうですが規制はより厳しくなっています。

 

最近やっと報道も多くなってきましたが、指定感染症から5類に変更するべきですね…

それなのにどうやらこの指定感染症を1年間延長が決まったとか…

 

症状が出ていないのに検査で陽性だと大騒ぎ…

 

日本は科学的な考察でものを考える事がどうも苦手な民族なのでしょうか?

同調圧力で世論が形成され、正しい事の判断が出来なくなる…

 

こんな感じで戦争に突入した歴史がほんの100年も経たない昔にあったわけです…

 

さて、もっと暗いトンネルはアメリカ大統領選…

 

間もなく出口とわかっています…

ただ、出口の照明が一番暗く、よく先が見えません…

 

トンネルを抜けたら青空が広がっているのでしょうか?

それとも大嵐で吹き飛ばされてしまうような天候になっているのでしょうか?