としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

自宅の庭で秋桜(コスモス)が咲き始めました。

広告

コスモス(秋桜)の花言葉は、

 

「調和」、「乙女の純真」

 

日本ではもう乙女という言葉は死語じゃないかなぁ~

 

昭和生まれの私は秋桜と聞くと山口百恵さんの歌を思い出します。

 

1977年のリリースでさだまさしさんの作詞・作曲なんですね。

 

”薄紅の秋桜が秋の日の何気ない陽だまりに揺れている♪♪”

 

翌日に嫁ぐ娘とその母親の情景を唄った名曲です。

 

コスモスの語源はCosomos、ギリシャ語の秩序とか美しいに由来していて、それが宇宙のCosmosと繋がっているようです。

 

一説にはイタリアの芸術家が1876年頃にメキシコから日本に持ち込んだのが最初らしい。

 

1876年は明治9年。

 

という事は、江戸時代にはコスモスは日本に無かったんですね。

 

ある意味文明開化の花とも言えます。

 

ちなみにコスモスは色によって花言葉が異なります。

 

今、自宅の庭で咲いているピンクと赤のコスモスの花言葉は、

 

ピンク 「乙女の純潔」

f:id:Toshibo:20210805220037j:image

 

赤 「乙女の愛情」

f:id:Toshibo:20210805220042j:image

 

いずれにしても乙女なんですね(笑)。