としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

メルボルンで鉄板焼き 銀座(Ginza)。パフォーマンスが日本人には受け入れらない??

広告

メルボルンでの食事を取引先の方が鉄板焼きをセレクト。

その名は

Ginza(銀座)

 

ホテルから歩いて数分の中華街の中にあります。

向かいは人気の小籠包のお店。

凄い行列です。

 

さて、Ginzaに入って最初に感じたのが

思いっきり、なんちゃって日本!

鎧兜が飾ってあったりしますが、昔の外国映画に出てくる日本のイメージです(笑)。

 

ウェートレスの女性は皆さん着物を着ています。

パッと気がついたのが、一人の女性の着物の合わせが逆。

間違いを教えてあげました。

(その着方は死人だよとは言いませんでしたが…)

f:id:Toshibo:20180403193243j:image

 

最初は大きなエビを焼いてくれました。

f:id:Toshibo:20180403193314j:image

 

メルボルンは海が近いのでシーフードは美味しいですね。

頭は厨房で揚げてくれて提供されます。

f:id:Toshibo:20180403193420j:image

 

牛肉はお決まりの豪快に炎を見せるパフォーマンス。

f:id:Toshibo:20180403193528j:image

f:id:Toshibo:20180403193533j:image

ここまではいいんですね〜。

 

次に出たパフォーマンスが茶碗を次々に投げて受け取るもの。

全部で10個位です。

これをテーブルについているお客さん全員にやらせた後、

ビックリしました。

 

鉄板焼きの定番の焼き飯を茶碗に入れ、

これをお客さんに投げるんですね。

この投げられた茶碗を別の茶碗で受け取るというもの。

 

お爺さんは上手く受け取れず、焼き飯をこぼしてしまいました。

(当たり前ですよね)。

 

次に玉子焼きを2cm位の太さで長く焼き、

それを次々にお客さんの口元に放って行くというもの。

これはもうグチャグチャです。

 

食べ物を粗末にするようなパフォーマンスは、

日本人には到底受け入れられないです。

 

それでも、このパフォーマンスが日本のものと思われているんですよね。

残念だなぁ〜

 

 中華街にあるので、多分オーナーは中国人。

日本を語らないでくれ〜、と思います。