としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

熊本 黒亭ラーメンで焦がしニンニクスープの豚骨を食す。こってり感を上手く抑えて、豚骨が苦手な女性も大丈夫です。

広告

今年のレバラン休暇はくまモンに会いに熊本を中心に旅行することにしました。

 

日曜日の午前便で羽田空港を出発。

それがいきなり機材の関係で遅延

f:id:Toshibo:20180617213820j:image

 

台風も近くに来ていたので、少しくらいの遅延は覚悟をしていたので、

問題無しです。

 

熊本空港に到着してバスで市内へ移動。

チェックインの時間までまだ少しあるので、スーツケースだけホテルに預けて、

まずは昼食へ。

 

商店街を歩いていると、

黒亭

がありました。

f:id:Toshibo:20180617214506j:image

 

さすが熊本。くまモンがバンザイして迎えてくれます。

 

階段を地下へ降りていくと1組待っていました。

店員さんが親切に色々案内してくれて、そのまま待ちます。

 

店内の自動販売機で食券を買って、椅子に座る間も無く、

席へ案内されました。

 

選んだのは

卵入りラーメン。

 

f:id:Toshibo:20180617214502j:image

豚の頭骨だけをじっくり煮込んだスープが売りのようです。

 

たまごは、黄身を2個か、半熟卵1個の選択ですが

黄身の方がオススメだそうです。

 

お味は?

 

まずは、スープ。

独特な味わいです。

何だろう?

と思ったんですが、焦がしニンニクのようです。

 

ネギやキクラゲの味わいも良い感じでマッチしています。

 

麺は少し好みとは違いますが、オーソドックスとも言えます。

 

モヤシとの合わせで味がしつこくなる事なく、

豚骨独特のこってり感を上手く抑えています。

 

豚骨が苦手で食べられない奥様も食べられていました。

 

さて、腹ごしらえしたので、熊本散策のスタートです。