としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ちびまる子ちゃん生みの親 さくらももこさんの訃報にショック。 これまでたくさんの笑いをいただきました。ご冥福をお祈りします。

広告

先日、ヤフーのトップページに

ちびまる子ちゃんの放送内容変更

という見出しが…

 

何があったんだろう?

と思い、開いてみると

さくらももこさんの訃報が…

 

え??

 

これは本当にショックを受けました。

 

ちびまる子ちゃんの生みの親のさくらさんは、

 

自分と同い年。

 

享年53歳

 

早過ぎます…

 

昔、職場の先輩が

ピーヒャラピーヒャラ…

鼻唄を歌っていました。

 

その時、先輩に

“何をふざけた歌っているんですか?“

 

と真面目に聞いたことを思い出します。

 

おどるポンコポコリンもちびまる子ちゃんも知りませんでした。

 

その週末、テレビで初めてちびまる子ちゃんを見て、

お腹を抱えて笑いました…

 

絶妙なナレーションが当時は本当に新鮮でした。

 

その後、桃の缶詰シリーズのエッセイなどを読んだりして

大ファンになりました。

 

同い年なので、ちびまる子ちゃんやほかの話でも

昭和の良き時代の事を共感できるのが本当に楽しかったです。

 

百恵ちゃんやらヒデキといったアイドルをリアルタイムで

共有していたからこその面白さがありました。

 

残念ながらテレビは殆ど見なかったですが、

放映当時、ネタ切れですぐに放送終了になるという意地悪な評判も見事に覆して

根強い人気が継続しています。

 

エッセイを読むと、

飲尿健康法を実践するという 引く 事も行なっているような

少し?変わった人だったんだと思いますが

だからこその一般の人と違う視点と表現が素晴らしかったです。

 

残念ながら、さくらさんは帰らぬ人となってしまいましたが

その多くの作品、キャラクターはこれから先も生き続ける事が出来ます。

 

合掌