としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

Nashville Symphony / Schermerhorn Symphony CenterでBrahms Violin Concertoを聴きに行きました。

広告


食事を終えて、

 

Nashville Symphony / Schermerhorn Symphony Center へ歩いて移動…

ブリヂストン・アリーナの隣です…

AT&Tの通称バッドマンのビルも良く見えます…


f:id:Toshibo:20191028113250j:image

f:id:Toshibo:20191028113245j:image



f:id:Toshibo:20191028113355j:image

 

 

お題は、 Brahms Violin Concerto

f:id:Toshibo:20191028113229j:image

 

ヴァイオリンは好きなので期待大です…

 

席はネットで購入…

 

購入した時は同じ価格の残りしかありませんでした…

 

そのせいか、かなり後ろの席…

f:id:Toshibo:20191028113315j:image

 

仕方ないですね…

 

コンサートは2部構成。

f:id:Toshibo:20191028113328j:image

 

ソロの女性バイオリニストは青い華やかなドレスで登場でした…

f:id:Toshibo:20191028113334j:image

 

 

内容は正直期待外れ…(ごめんなさい)…

 

曲を知らないのは自分が悪いのですが、オーケストラ全体の良さがあまり伝わってこないような…

 

そもそも指揮者の世界観が良くわかりません…

 

すごく身体を使って振っているんですが…

 

10年前にタングルウッドでボストンフィルを率いた、小澤征爾さんの圧倒的な世界観とは全く違いました…

 

あの時は、小澤征爾さんの指揮を追う事だけで大満足でした…

マーラーの7番でした。

 

前半最後の曲が終わる瞬間、音がスゥーっと消えていく余韻の中で、

 

前の席のおばさんの高らかなイビキが辺りに響き渡る(苦笑)…

 

がっかりです…

 

後半が始まると遅れてきた観客の靴音がカツカツと…

 

なんなんでしょう…

 

うーーーん…

 

ただ、やっぱり生の演奏は良いもので、落ち着いた心持で色々な事を思想しました。

 

次はもう少し違う演奏を聴きに行こうと思います…(カントリーミュージックかな?)…