としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

アメリカの住宅に普通についている火災報知器。下手に鳴らしてしまったら大変です。

広告

夜中にピ.ピ. ピっと電子音が…

 

ヤバい…

 

火災報知器だ…

 

f:id:Toshibo:20200422225143j:image

 

良くわからないのですが、アメリカの一般的な火災報知器が家についています…

 

これ、とても大きな音が鳴り響きます…

 

そのままにしておき、近所の人が消防署に電話をかけたら大変です。

 

もちろん、実際の火災の場合はもっと大変なんですが…

 

アメリカは消防車が来たらその費用を原因となった家が払う必要があるらしいです…

 

らしいっていうのは、しっかりと自分で確認をしていないからなんですが…

 

この家に入って2回目…

 

本格的に鳴り響く前に数分間隔でピ、ピっと鳴っています…

 

ネットで見ると乾電池の寿命らしい…

 

電池の種類は四角い9V…

 

アメリカの家のガレージのスイッチや玄関のチャイム、この火災報知機など

9Vの電池が良く使われています。

 

f:id:Toshibo:20200422225152j:image

 

必ず予備を持っておくのが必要です。

 

家にも1個予備があったので、取り換えました。

 

この報知機にを良く見ると

 

PUSH AND HOLD TO TEST

PUSH TO HUSH

 

と書いてあります。

 

その上には、

 

TEST WEEKLY

 

とも書いてある。

 

電池を入れ替えたので、長押しをしてみました…

 

数秒後、とんでもなく大きな音で電子音が…

 

ビックリして指を話したらストップ…

 

うん、もう大丈夫でしょう…

 

しかし、夜中に寝てからこういう音を聞くのは本当に疲れます…

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のコロナ感染者(2020年4月22日 6:38AM ジョンズ・ホプキンス大学)

全世界:2,585,468人 (死者 178,845人)

米国 : 825,306人  (死者 45,075人)

日本 : 11,512人  (死者 281人)