としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

Everthing not Easy!  これが自分にとって大切な言葉になっています。

広告

15年足らずの昔初めてアメリカに駐在した時のことを思い出します。

 

サブプライム・ローン破綻の問題が起きる少し前の頃…

 

米国の住宅は非常に安くなっていて、プロゴルファーの宮里藍選手が家を買ったことが話題になっていたりしました。

 

自分は前任者のアパートに住みながら、家族が来る時までに賃貸の家を探さなければなりません…

 

車で走りながら ”For Rent" の看板を見つけては、そこに書いてある電話番号に電話したりして、中を見せてもらったりしました…

 

ニュージャージー州のプリンストン・エリアで探していましたが、家賃が3,000ドルを超えるものばかり…

 

家が安くなっているのに賃貸はどんどん上がっていて、これは何だ?という状況…

 

決まったアパートを契約している時に聞いた話では、住宅ローンが払えない人がどんどん出ていて、家を売り賃貸市場に多くの人が流れているって聞き、納得したものです。

 

その後、サブプライム・ローンの問題からあのリーマンショックへとつながっていったんですね…

 

お客さんの会社に行った時、普段は何百台の車が停まっている駐車場に数十台しか無く、 

あれ? 面会の日にち間違えちゃった??

(大量にレイオフしていたんです)

なんて経験もしました…

 

話を戻して、家の話…

 

ベッドやテーブルなどの家具を購入して、配達日を決めて…

 

それがちゃんとその時に来てくれなかったり…

 

電話をしても担当者に繋がらなかったり…

 

オフィスで愚痴っていたら、米人女性から

”Everything not easy!"

とからかわれて、笑ってしまいました…

 

この言葉は今も深く頭に刻まれています。

これをしっかりと意識していると、何にもストレスが溜まらないんですよ~。

 

まぁと言ってもストレスはある訳ですが…

 

そして、今…

 

新しい家の不具合を事前に話、了解をしてもらっていたのに、

なーーーんにもやっていないし、

明日の8時15分!(15分単位で時間を指定しているのに)って言っていながら

来なかったり…

1時間遅れてきたり…

 

何でこんなに適当なんだ(泣)…

 

今も待っています、もう約束の時間とっくに過ぎているのに…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のコロナ感染者(2020年5月8日 8:32AM ジョンズ・ホプキンス大学)

全世界:3,871,718人 (死者 270,279人)

米国 : 1,256,972人  (死者 75,670人)

日本 :     15,477人        (死者 577人)