としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

三觜プロ推薦のうねり棒を買ってみた… これ凄いかもしれない…

広告

噂のうねり棒を昨年末でネットで申し込んでいました。

帰任するときの楽しみがこれを早く使ってみたいと言う事…

 

最近大人気のゴルフのレッスンコーチ 三觜善一プロの推奨練習グッズです。

 

三觜TVというYouTubeの番組は、数あるゴルフものの動画の中でも

ジャンボ軍団のジャンガーチャンネルと並び大好きなものです。

 

この二つの動画でシングルの仲間入りが出来たと言っても過言じゃ無い??…

 

家に帰ると…

届いていました。

 

わくわくして箱から取り出すと、うねり棒だけ(笑)。

 

使い方はYouTubeで見てくださいと…(笑笑)。

 

購入前から見ていたので、使い方はバッチリ。

 

と思いましたが、ちょっとずつ見直しました…

 

f:id:Toshibo:20190203114653j:image

 

まず、これを使ってバックスイングに入るときの

左ハンドルの動作というのがとても自然に理解できる事…

 

左ハンドルというのは、三觜プロが頻繁に使っているワードなので、

知らない人はわからないと思いますが(動画見てください)、

自分が最も勘違いしていた部分です。

 

この勘違いに気がついたのは、実はジャンガーチャンネルのある動画だったんです。

 

片手打ち。

 

右手だけで打つときのバックスイングの時の動きが

まさに左ハンドルなんです。

 

自分が行なっていた片手打ちがどうも上手く出来ない…

長年の疑問でした。

 

サンドウェッジのリフティングは得意なので、

そのギャップがわかりませんでした。

 

ジャンガーチャンネルの中でジャンボ軍団のメンバーは右手だけの片手打ち時に

同じように動いているんです。

 

自分の中でのポイントは右肘。

 

この動作を取り入れたのが昨年の後半…

 

全体的にスイングは良くなっていたのですが(ドライバーをのぞく)、

今回、うねり棒を使ってみて、真っ先に

これだ!!

となった訳です。。

 

次にトップのクラブ位置。

かなり低い位置に持っていかれます。

 

自分の中では、リッキー・ファウラーのような感じ。

 

これは、ドライバーが不調になった原因、

アップライトを治そうとしている中で調整していた部分ですが

もっと低い位置に収まろうとしてきます。

 

ゴルフが難しい理由の一つに、クラブの伝統的な構造があります。

スィートスポットと軸線がずれている事です。

 

テニスでも野球でもなんでも、必ず軸線上にヒッティングポイントがある道具を使うのですが

そうではない道具を使うときのコツはテコの原理を使う事…

 

金槌がそうですね。

手首を巧く使わないとまともに釘も打てません。

 

ゴルフスイングは、身体全体を使うので、全身の関節を巧く連動させて

テコの原理を働かせないといけません。

 

うねり棒を振ってみると、

クラブヘッドがテコの原理でダウンスイングからインパクト以降に

いわゆるヘッドが走るという感覚が

実際のゴルフクラブ以上に体感できます。

 

これは、インパクトでボールを叩く、押すという感覚がわからない

初心者にはとても良い練習になると思います。

 

ゴルフ初心者のスイングを見ていると、大半の人がインパクトでクラブが開いています。

ハンドファーストとか自分の弾道イメージの誤解から来ているのですが、

ここを理解しないと1年経っても100を切れないどころか、

120も130も叩いちゃうという残念なことになります(失礼)。

 

という事で、うねり棒の宣伝になってしまいましたが

しばらく遊んでみようと思います。

 

 

www.toshibo-enjoylife.net

 

www.toshibo-enjoylife.net