としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

トルネードの恐怖はとっても身近。スーパーチューズデーの日にナッシュビルを破壊…

広告

オフィスに警報音が…

 

トルネード警報です…

 

かなり近い可能性が…

 

仕事を切り上げ、自宅に向かいました…

 

外に出て、少し恐怖を感じます…

 

ケンタッキー州のこの地は平らな土地なのでかなり先まで視界があります…

 

遠くの方で稲妻が物凄い事になっている…

 

車を運転しながらこんな怖いと思った事は今までありませんでした…

 

どちらかというと、雷の閃光が見たくてワクワクするタイプなので…

 

携帯には緊急速報が入ってきました…

 

f:id:Toshibo:20200304224806j:image

 

通常、トルネード警報が出ると地下室かシェルターに避難します。

 

それらが無い家では、窓の無い部屋(セカンド・バスルームが多い)に逃げます。

 

トルネードってどこから来るかわからないので、外に出てどちらに逃げたら良いか全くわからないんです。

ですので、家でじっとしているしかない…

 

当然、TVもレーダーの情報を活用してどこに発生するのかを解説しています…

 

TVを見ると嵐は少し自宅から外れている…

 

でも深夜に上空をほんのわずかな時間通過する感じ…

 

予報通り、深夜の雷と風雨は凄かったです…

 

暗い部屋で稲妻の明かりが入ってくるのは怖いですね…

 

幸い、トルネードは来ませんでした…

 

が、

 

翌日、TVニュースを見てびっくり…

 

お隣のナッシュビル郊外が大被害にあっていました…

 

f:id:Toshibo:20200304224820j:image

 

25人の方が亡くなっている模様…

 

日本ではあまり竜巻の発生は少ないです(近年増えていますが)…

 

中学か高校生の頃、相模湾に発生した竜巻を目撃したことがあります。

 

上空高く渦巻く竜巻に感動したことがあります(恐怖は有りませんでした)。

 

それよりも日本の場合は台風ですね…

 

アメリカもハリケーンがあります…

 

内陸のケンタッキー州の場合、ハリケーンよりもトルネードが身近な災害です…

 

この1年で相当なトルネード警報が発生されましたが、今回が一番怖かったという話でした。

 

ちなみにこれまで何度も近所で被害が出ている土地です…