としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ロンボク島・Lombok ゴルフ・ミニ合宿 初日 Rinjani Golf & Lombok Golf Kosaido

インドネシアのリゾートと言えば、バリ島! でも駐在員にとっては色々な所に足を伸ばしたい。できれば、趣味のゴルフの向上を兼ねて!

という事でゴルフ仲間とどうしようかとあれこれ考えて、今回はロンボク島ゴルフミニ合宿に決定しました。

ロンボク島って日本にいる時はあまり聞いた記憶が無かったです。先日、マレーシア・ペナン島の駐在員4名も聞いたことないって言ってました。。。まぁペナンからだとバリも8時間程度?かかるのでこっちには興味ないですよね~。

ロンボク島インドネシア・ジャワ島東部に存在しバリ島の東側の島になります。日本から訪れる場合は、ジャカルタから入国して空路国内線で乗り継ぐか直行便でバリ島から入国後、フェリー等の海路で入ってくるのが便利だと思いますがやっぱり遠いですね。

さて、旅行は6月17日(土)、18日(日)の1泊2日。会社のインドネシア人スタッフから「ロンボクに行くのに1泊だけ??」「もったいな~~い」「そんな短い日程で何するの??」といった声が(苦笑)。「ゴルフしに行くんだ!!」の答えも日本人の考えている事は理解できないって雰囲気です。

 ゴルフをこよなく愛する仲間といっても意外と人選は気を使います。エンジョイゴルフ系、アスリート系、ゴルフ以外も色々したい人、呑めればなんでもいい人等々。あの人を誘うとこちらも誘わないとなど煩わしい事も固定メンバーと相談し解決(無理やり)!日程を組んでいきます。

 

1. 出発  Jakarta からLombok島へ

フライトはガルーダ航空GA0434便。ジャカルタスカルノハッタ空港

の新設されたターミナル3から。ちなみに往復のチケット代は2,301,000Rp(19,000円程度)でした。LCCのエア・アジアはもう少し安いのですが、ゴルフクラブを預けると別料金になるのでトータルでいくらも変わらないので、安心?を選びました。

出発は5:50。

f:id:Toshibo:20170726152758j:plain

インドネシアは火山国で綺麗な独立峰が一杯あります。富士山そっくりな山もあって好きですね。

f:id:Toshibo:20170726152735j:plain

 着陸直前。のどかな田園風景が広がっています。インドネシアの稲作は、3期作なので芝刈りと田植えが一緒だったりします。

 

2. ロンボク島到着

f:id:Toshibo:20170726153214j:plain

 Lombok空港です。小さな空港で当然ターミナル直結のゲートはありません。建物に入るのも特に誘導も無く、皆のんびりバラバラと歩いています。

予約しておいたドライバーと合流して4人のキャディバックを詰め込みます。車はTOYOTA INNOVA。これでキャディバック4本とボストンバック、ドライバーの他に4人が十分乗れます。料金は、1日750,000Rp。バリ島は500,000Rp位が相場なのでロンボクは田舎でも割高です。

f:id:Toshibo:20170726153814j:plain

一同感動したのが車がほとんど走っていない!!ジャカルタの最悪の渋滞と日々戦い疲労困憊の我々を真っ先に癒してくれたのがこの田舎っていう事です(笑)

 

3. GEC Rinjani Golf & Resort

田舎道を1時間位走って、リンジャニ・ゴルフ(Rinjani Golf)に到着です。

f:id:Toshibo:20170726154636j:plain

おおぉ プールもあってなかなかいいねえぇ。って田舎丸出しで高級感は全くありません(笑)。なんと我々以外はお客さんがいないとの事。完全貸切じゃん!!

f:id:Toshibo:20170726154858j:plain

予約していた時間よりも1時間位早く着いたので、キャディさんも来ていませんでした。バタバタやってきたキャディさんは、田植えの後ですか??って感じ。でも全く問題ありません。

f:id:Toshibo:20170726155153j:plain

リンジャニ山が良く見えます。火山で尾根まで登ると綺麗な湖が見えるそうです。残念ながら見に行く時間はありません。

f:id:Toshibo:20170726155151j:plain

ゴルフ場というよりは広い公園という感じで、決してコンディションが良いとは言えませんが、何と言っても貸切ですから文句はありません。

f:id:Toshibo:20170726155724j:plain

インドネシアのゴルフ場は、カートのフェアウェイ乗入可能なコースは少ないのですがここは乗入自由です。というかキャディさんに運転させるとティーボックスやグリーンを走っちゃいそうな位です。さすがにグリーンはまずいよ、キャディさん(笑)。

f:id:Toshibo:20170726160427j:plain

曲げた球が木のそばに。何気にアドレスしたら足元から蟻の大群が。。。これ危ないヤツか??よく見ると一杯。さっさと打って、退散しました。

プレー後は当然シャワーを浴びてさっぱりと。。としたい所ですが、あまりシャワールームが清潔で無かったので、そのまま車に乗り込みホテルへ向かいます。

 

4. ホテルへ 海岸線ルート

ゴルフ場を後にして間もなく海岸線を北上するルートになります。何となく伊豆や真鶴半島のような雰囲気??

f:id:Toshibo:20170726164840j:plain

5. ホテル チェックイン    Holiday Resort Lombok Hotel

f:id:Toshibo:20170726165639j:plain

ホテルは、Holiday Resortです。従業員の方は皆ニコニコ笑顔で優しく迎えてくれました。ただ、日本語はもちろん英語もあんまり通じない(苦笑)。

f:id:Toshibo:20170726165245j:plain

独立したオシャレな建物で1つの建物に4部屋ありました。多くが欧米人の家族。多分オーストラリアから遊びに来てる感じです。中国人はほとんどいません。というかインドネシア人もいないじゃん。

f:id:Toshibo:20170726165407j:plain

部屋はこんな感じ。清潔です。キングサイズベットの予約なのにツインになってた。。

 

6. ウミガメ

f:id:Toshibo:20170726171538j:plain

夕飯まで少し時間があるので、一人でぶらぶら散歩。急に深くなっているようで、海水浴には向いてないです。

f:id:Toshibo:20170726171631j:plain

ホテルでは、ウミガメを繁殖?していて毎日2回海に放しているようです。

大きくなって、またこの浜辺に卵を産みに来るんですね。

 

7. Sunset 夕陽

f:id:Toshibo:20170726170812j:plain

Holiday Resortのホテルにはレストランが二つあり、サンセットを見ながら夕飯です。

男4人で夕焼けを見ても何もありませんが、やはり皆日頃の生活に疲れているので、芯からリラックスです。

f:id:Toshibo:20170726170850j:plain

f:id:Toshibo:20170726170929j:plain

ロンボク島の西側海岸ですので、夕陽が見えました。太陽は海に沈まず、バリ島に隠れていきました。

 

つづく!