としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

ロンボク島の地震被害。復興を助ける為にも早い段階で再び訪れたい。

広告

f:id:Toshibo:20180812232034j:image

 

インドネシアでどこに行きたいか?

と問われたら、

 

ロンボク島

 

と答える位に魅力的な島です。

 

バリ島も良いのですが、やはり世界的な観光地。

人も多く、街も賑やかです。

 

ロンボク島は、バリ島等は対照的に素朴で

あまり観光地化されていない反面、

観光客も少なく、静かにゆっくりと過ごせるリゾート地です。

 

今年、奥様がインドネシアに遊びに来たので、

週末をロンボク島で過ごすか?

シンガポールで過ごすか?

 

日程を考えていました。

最終的にロンボク島を先に行くことにしました。

 

ツイッターでロンボク島に在住の日本人のOさんに

お勧めレストランとか聞いたりして、

ゆっくりと過ごすことが出来ました。

 

その翌週末 7月29日にロンボク島にマグニチュード6.4の地震が発生。

死者20名の犠牲者が出ました。

 

日程をずらしていたら、まさに旅行の中日でした。

すぐにOさんに安否を確認すると、

家の倒壊が心配なので、庭で寝ているけど大丈夫との事。

 

少し安心しました。

 

残念ながら、8月5日に本震と思われるマグニチュード6.9の地震が再び発生。

津波も観測され、11日の段階で387人の犠牲者が出ています。

 

Oさんの家も倒壊してしまったそうです。

 

ロンボク島の観光地の中心である、

ギリ3島は、小さな島なので、当然海抜も低く、

津波に襲われたら逃げる所がありません。

 

地震の直後に本島に皆さん非難されたようです。

 

幸い、津波の被害は報道されていません。

 

今後は地震も収まってくるとの話ですが、

観光業で成り立っているロンボク島です。

 

やはり、宿泊施設の損傷などよりも、

計画をキャンセルしてしまう旅行客が出ることの方が深刻だと思います。

 

周りの日本人の駐在員の方達も、日本の夏休みを利用して

ロンボク島やバリ島に家族と遊びに行く計画を立てていた人が一杯いました。

 

残念ながら、話を聞いた皆さんは、全員キャンセルでした。

ジョグジャカルタに変更したり、シンガポールに変更をされていました。

 

実は個人的に、

一人でも良いのでゆっくりと週末、ロンボク島に訪れて

のんびりしたいなぁと思っていたばかりでした。

 

一人でロンボク島を訪れたら、多分、1日がとっても長く、

時間の流れがゆっくりと進むんだろうなぁ…

 

そんなささやかな想いも今回の地震で遠のいてしまいました。

 

しかし、島民の皆さんは明るく一生懸命復興作業を開始されています。

 

彼らを応援する為にも、1日も早く訪れたいなぁと思っています。

 

www.toshibo-enjoylife.net

 

www.toshibo-enjoylife.net

 

www.toshibo-enjoylife.net