としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

チカランの日本食・韓国料理屋 花火。意外(失礼)にもレベルが高い内容でした! ただ、立地は怪しい(笑)。

広告

W杯ロシア大会の予選リーグ最終戦。

今日で日本が決勝トーナメントに残れるかの重要な試合があります。

 

しかーーし、日本からの出張者との会食があります。

しかもチカランエリアで😱

 

まあ、試合開始に間に合うように帰りますが

19時位に出なければいけないかなぁ?

 

場所は花火というお店。

Japapanese & Korean restaurantになっています。

 

ただ、お店のあるエリアは完全に如何わしい雰囲気がプンプンしているところです。

変なホテルもあるし…

 

f:id:Toshibo:20180628185046j:image

入り口はこんな感じ。

 

f:id:Toshibo:20180628185112j:image

個室が1室あります。

掘りごたつタイプです。

ただ、座椅子が硬い!!

ペラッペラの座布団が全く意味無く、最初座った時にビックリしました(苦笑)。

 

f:id:Toshibo:20180628185238j:image

小さいお店ですが、店内には生簀があります。

 

この辺りまでは、経営者は韓国系かなと思っていました。

すると、京都出身の日本人のオーナーが丁寧に挨拶に来てくださいました。

 

オーナーと色々話をしながら、オススメのメニューを聞いてお任せにしました。

 

f:id:Toshibo:20180628222705j:image

まずは、舟盛り。

これ相当レベル高いと思います。

正直、チカランでこのレベルの刺身が食べられるとは思いませんでした。

エビは踊りになっていますが、頭と尻尾は別に火を入れてくれるので

美味しくいただけます。

 

f:id:Toshibo:20180628222837j:image

ご主人はハマグリと言っていましたが、どう見てもアサリでした。

これも美味しいし、炎が目を楽しませてくれます。

 

f:id:Toshibo:20180628222935j:image

f:id:Toshibo:20180628222939j:image

 

料理はどれもネタが良く、美味しいです。

 

f:id:Toshibo:20180628223033j:image

若かりし頃の杉田かおるにそっくりな店員さんが座敷でお肉を焼いてくれました。

座り方が色っぽいですね。

 

残念ながら、宴席の途中で中座です。

W杯の日本戦を見なければ…

 

他の料理は次回レポートします。