としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

メルボルン 怪しい路地の奥にステーキハウス A Hereford Beefstouw があります。熟成肉のお店です。

広告

メルボルンの滞在も最後の夜を迎えました。

いつもの如く、夕食を何にしよう?

と頭を悩ませます。

 


ステーキ、イタリアン、中華、和食…

 


ドイツ料理? タイ料理?

近くにお店があるようですが、気が進みません。

 


やはり、最後はステーキにしようとGoogle Mapで近所の人気ステーキ屋さんを検索。

 


なかなか素敵なお店がヒット。

 

Bistrot d’Orsay

星4.6

フランス料理店になっています。


早速予約の電話をしてみました。

すると、本日はフルブッキングとの事。

 


マジですか??

 


予約枠が一杯で今すぐ行けば、席が空いているかもしれないと思い、

直接足を運んでみました。

 


が、やっぱり満席でした。

残念…

 

店内は狭かったのですが、シックな雰囲気でとっても素敵でした。

また、来れるチャンスがあるといいんですが。


仕方ないので、お店の前で再度Google Mapのお世話に。

幸い近くにお店を発見。

 

A Hereford Beefstouw

星4.5


電話をしてみました。

“10分後位に行くけど空いてる?”

 


よかった。空いてました。

 

f:id:Toshibo:20180917032116j:image

この辺りは教会がいくつかありました。

ハリーポッターみたいな雰囲気です。


いつ雨が落ちてくるかわからない空だったので、

あまり遠くに行きたくなかったので、良かったです。

 


でも、近くに来ても、お店がどこかわからないんです。

別のレストランの前に立っていた男性に聞いてみました。

 


店の名前を言ってもわからなかったんですが、

住所を示すと目の前の路地を下っていったところとの事。

 


ええ?

この路地を入って行くの??

 

f:id:Toshibo:20180917031725j:image

(路地を入ってから振り返った写真)


怪しい…

すごく怪しい雰囲気。

f:id:Toshibo:20180917031739j:image

f:id:Toshibo:20180917031751j:image

f:id:Toshibo:20180917031831j:image

 


ここがアメリカだったら絶対に入れないような路地です。

 


突き当たりを右に曲がるとお店が見えました。

f:id:Toshibo:20180917031845j:image

f:id:Toshibo:20180917031915j:image

 

いや~、ここ普通絶対に来ないでしょ。

 


お店に入ると、うって変わって雰囲気の良い広い店内でした。

ドンドン奥に案内されて、窓際の席へ。

 

f:id:Toshibo:20180917032058j:image

 

窓の外には、全豪オープンテニスも開催するスタジアムが良く見えます。

なんで、こちらのメイン通りに入口が無いんだろう?

と不思議な感じです。

 


スチームのムール貝は大好きな料理の一つなので躊躇なく注文。

f:id:Toshibo:20180917032219j:image

 

それに牡蠣を半ダース程。

産地を聞くと、サウスオーストラリアとの事。

残念、タスマニアじゃ無かったです。

 

f:id:Toshibo:20180917032232j:image

 

味も極普通。

随分と舌が肥えたものです(笑)。

 


それとチキンウィングを注文。

このチキンウィングは、予想と全然違うものでした。

そもそもチキンウィングじゃない?

f:id:Toshibo:20180917032326j:image


味は日本人には、受けると思います。

美味しいです。

 


メインは、

熟成ビーフもあったんですが、量が多くシェアするのもどうかと思ったので、

断念。

f:id:Toshibo:20180917032340j:image

 

Eye Filetn の250 g をミディアムレアで、塩胡椒だけで焼いてもらいます。

味も良いですね。

 

これまで、ステーキを頼んで、ガッカリする事は全くありませんでした。

 

最後の夕食、良かったんですが

最初のお店に入りたかったなぁと後ろ髪を引かれながら

ホテルへのんびりと歩いて帰りました。

www.toshibo-enjoylife.net