としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

メルボルンで熟成肉を食す。MEATMAIDEN。美味しいのでがっつり食べられます。

広告

モスリムのメンバーと行動する時に最も問題になるのが食事。

イスラム教では豚肉が食べられないので、気をつかいます。

 


今回は、オーストラリアの人も交えての食事。

彼等から何が食べたい?

と聞かれても、答えにくいです。


というのも、泊まったホテルは中華街の近く。

美味しい小籠包のお店もあります。

もちろん豚肉がふんだんに使われています。

という事は、モスリムの人は食べられないんですよね。

 


彼等は中華街に行くことを考えていたようですが

モスリムの同僚は

ステーキ!

との答えでした。

 


うーーーん、ここ何日かステーキ三昧だ(苦笑)。

 


という事で、電話で何件かのステーキ屋さんに予約の電話。

どうもどこも満席だったようです。

 


結局、ホテルから歩いて2、3分の所へ行く事に。

f:id:Toshibo:20180912060744j:image

 

時刻は18:30。

初春のメルボルンなので空気が冷んやりしています。

 

2ブロック程歩いて到着です。

f:id:Toshibo:20180912061050j:image

 

誰も入った事が無い模様(笑)。

 


お店の名前は

MEATMAIDEN

f:id:Toshibo:20180912061028j:image


地下のお店に入ると、

いきなり肉がどーーんとつる下がっているのが目に入ります。

f:id:Toshibo:20180912061001j:image


熟成肉のお店のようです。

 


お洒落で落ち着いた店内でした。

奥のボックス席に案内されましたが、

1名分場所が狭い…

f:id:Toshibo:20180912061108j:image


オージーの二人がデカイですし。

 


昼食が遅かったのと時差の関係もあり、あまりお腹が空いていません。

簡単にアパタイザーを頼んで、メインのステーキにする事にしました。

 


はずせなかったのが、生牡蠣。

タスマニアの牡蠣は外せないです。

f:id:Toshibo:20180912061210j:image

(写真がボヤけてる(泣))


残念ながら、ここはステーキ屋さん…

すっごい美味しい!

という感じではありませんでした…

 


メインのステーキはフィレを250 g

めいめい違う種類の肉を頼んでいます。

 


焼き方は、ミディアムレア。

ソースは断り、塩と黒胡椒のみ。

マスタード・シーズも付けてねって感じです。

f:id:Toshibo:20180912061249j:image


お味は?

焼き過ぎです(苦笑)


この焼き方だとミディアムとも言えないですね。

f:id:Toshibo:20180912061311j:image


でも、美味しいので許します。

熟成肉だからでしょうか。
肉質は柔らかく、表面の焼き具合も丁度良く、

脂分も無いので簡単に食べられてしまいますね。


デザートはレモンのタルト。

f:id:Toshibo:20180912061453j:image

 

これが大きい!

デザートの種類も少なかったんですが、

がっつりステーキを食べた後に注文するにしては、大きいです。

さすがオージー…

身体も大きくなります。

 

このお店。

ウェイトレスのブロンド美人が明るくて楽しい人でした。

f:id:Toshibo:20180912062210j:image

 

オーストラリアは美人も多いんですが、皆んな底抜けに明るいですね。

幸せな国です(笑)。