としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

いよいよクラブ・ライフがスタート!Hopkinsville Golf & Country Club… 会費を払うと全て無料です!

広告

ゴルフ大国 アメリカ…

ここケンタッキー州の田舎町でもゴルフ場はあります。

人口あたりのゴルフ場の数はどうなんでしょうね?

 

一気に春めいて、雰囲気は一気に夏になりそうな3月の終わり。

地元の唯一のプラベートコースの会員になりました。

 

メンバーになると、プレー費はもちろん、練習場も全てが無料になります。

家族も無料です。

 

諸々の仕事や引越しなども何となく、落ち着き(引越しは全然片付いていませんが…)

仕事帰りに練習場にやってきました。

 

職場から家まで車で10分余り。

一旦着替えて、5分程でコースに到着…

 

プロショップは誰もいない…

ちょっと待っていると、若いお兄ちゃんがやってきてくれました。

 

“今日からメンバーだよ。練習しようと思って”

“おおぉ 聞いてるよ。ようこそ”

 

ってな感じで、気持ちよくクラブ・ライフがスタートできました。

 

隣接するレンジに自分でバックを運んで、準備終了…

 

f:id:Toshibo:20190330102051j:image

 

すると、お兄さんが打席にやってきて、左サイドには民家があるので、

“150Y以上は打たないで…”

(看板には170Y以上は打たないようにとなっていました)

 

“もし、打つんだったら 今は誰もプレーしていないから、右側のコースのウェアウェイの方に

打ってね〜”

 

と、言っていました。

 

こういう感じがまさにプライベートコースの醍醐味…

 

f:id:Toshibo:20190330102345j:image

打席にはタイトリストのチビ・キャディバックに黄色い練習ボールが入っています。

 

後で知りましたが、17:30にレンジはクローズのようです。

その前にボールを自分用に確保すれば、日が暮れても大丈夫です(照明は無いですが)。

 

お兄さんが打席に並んでいるチビ・キャディバックを片付けながら

スイングが美しいとお世辞を言ってくれたりして

素直に気持ちが良いです(笑)。

 

“何のクラブを使っているの?”

“ミズノプロの118”

“自分はミウラのクラブを使っているよ。知ってる?”

 

アメリカでは三浦技研のゴルフクラブは結構人気がありますね。

日本ではそれほどメジャーじゃ無いですけど。

 

彼もミウラのクラブが手に入らなければ、ミズノのクラブにすると言っていました。

 

毎週水曜日には、参加者が10ドルを賞金代として払い、トーナメントをやるから参加しなよと

誘ってくれましたが、16:30スタートのようで、

仕事があり、残念ながら無理…

 

2、3人が練習していましたが、皆んな上手い!!

 

明日は予報が朝から雨…

降っていなければ、ふらりとコース・デビューしてみます。