としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

アメリカ ケンタッキー州で運転免許を取得する方法。必要書類をしっかりと確認しましょう。

広告

アメリカで生活する上でまず必要となるのが

 

SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)

 

これが無いと正直何にも出来ません。

 

次に必要なのが運転免許証の取得。

 

殆どの人が日本で国際免許証を発行(1年間有効)してきて、すぐに車が運転できますが、SSNが取得出来たらすぐに免許を取りに行く必要があります。

 

1回目の駐在時(NJ州)にSSNは取得済なので全ての手続きが楽ちんでした。

 

残ったのが運転免許証…

 

原則として、公共料金等の請求書が住んでいる住所に送られてきてから

必要書類が全部揃うって感じです。

ですので、引越してから少し時間がかかります。

(特に公共料金でなくても、例えば会社から手紙を送ったものでもOK)。

 

必要書類【ケンタッキー州の場合 2019年版】

 

1. NON -U.S. CITIZEN APPLICATION

   「公式ホームページ」   

 https://transportation.ky.gov/Organizational-Resources/Forms/TC%2094-152.pdf

 

ここから書類を印刷して、必要事項を事前に書いておかないといけません。

この書類の中で、

 ISCIS DOCUMENT(S) TYPE (expiration date)

   I-94/"A" NUMBER/PASSPORT

の欄に何を書いたらよいのかよくわかりませんでした。

 

f:id:Toshibo:20190608073700j:image

 当日、窓口で確認した所、

DOCUMENT TYPEに VISA

隣に VISAの有効期限

そして、I-94/”A"NUMBER/PASSPORTの欄に パスポート番号

を書くことを確認しました。

 

2.パスポート(VISAが古いパスポートに貼られている場合は両方)

3.SSN

4.Lease Agreement (家の契約書です。要求されないときもあるそうです)

5.公共料金等の請求書の郵便物(名前と住所が一致しているもの)

6.就業(雇用)を証明するもの(会社が発行してくれます)

7.I-94の最新のもの

  「公式ホームページ」

  I94 - Official Website

8.国際免許証(日本の免許証を要求されることもあり)

  アメリカの免許証を取得する前に国際免許で運転中、スピード違反等をして

  ポリスに捕まると、日本の免許証の提出も求められます。

 

書類が整ったらいよいよ申請手続きに入ります。

「公式ホームページ」

 drive.ky.gov | Non-U.S. Citizens

 

ケンタッキー州のどこで申請するかをホームページからチェックします。

 

私はMadisonvilleが最寄になります。

 

初めての場所ですが、Google Mapを使ってスムースに辿り着きました。

正面の入り口ではなく、隣の勝手口みたいな所から入館しました。

(ちょうどその前に駐車したので。路上駐車は2時間までOKのエリア)。

f:id:Toshibo:20190608082313j:image

 

実質2階になるのかもしれませんが、入り口のフロアの

Room 25

に入っていきます。

 


f:id:Toshibo:20190608082356j:image

f:id:Toshibo:20190608082359j:image



カウンターがあり、中に二人の女性が談笑していました。

暇そう~…

 

書類を全部渡して、4,5分待機。

1枚の書類を作成してもらいます。

 

それが取得出来たら、今度は筆記試験へ。

この事務所で受けられるのかと思っていたら、別の場所との事。

え? どこ?

 

事務の女性にGoogle Mapに場所を入力してもらいました。

 

Christian Country Family Court

地方裁判所です。

 

車で40分位かけて、書類を一枚作ってもらって、またホプキンスビルのダウンタウンに戻ってきました。

うーーーーん…

面倒くさい…

 

違う街では一か所で済んだりするようです。

 

正面の入り口から入るとセキュリティチェックがあります。

これは、受けなくても良いようなんですが、受けてしまいました。

荷物のチェックがそれはもう空港の何倍も厳しい感じ。

カバンの中を全部チェックしました。

(書類だけ手に持って入館した方が良いですね)

 

セキュリティチェックの場所の左手すぐに免許の部屋があります。

ドアを開けて、すぐの右側の壁に整理券が出る小さな箱のようなものがあります。

それを抜き取って、順番を待ちます(数字がブースの上に表示されます)。

 

待合室で順番が来るのを待ちます。

 

順番になったら、左側にある二つの窓口に先の場所で入手したVerificationを

提出します。

 

そこで、

TEST HISTORY CARD

という一枚の紙を発行してもらい、再度待合室で待ちます。

 

隣の奥から、

次は誰?

みたいな声がかかるので、周りを見渡し自分だと思ったら、係の人の所にCardを提出します。

 

自分は、のんびり待っていたところ、他の女性が先に入ったら、

窓口の女性がお前が先だから順番を変更しなさいよ~と言ってくれました。

ここでは、少しズーズーしくなっても良いかも。

 

その場で、視力の適正試験を受けます。

視力試験は、

 1.1~4の番号が付いた4段のラインに数字が並んでいて、

   (6個の数字が1ブロックで3ブロックあったと思います。)

   左から順番に読み上げます。

 2.道路標識がいくつか表示されている中で、浮き上がって見える標識の番号を

   答える。

 3.四角の枠があり、赤い小さい点が枠の中か外かどちらにあるか答える。

 4.目の横で光が点滅するので、右側が光ったとか、左側が光ったとか答えます。

   自分の時は、両方が光りました。

   この時、何も見えなかったら多分、メガネのフレームが邪魔をしているので、

   眼鏡をはずします。

 

視力検査をパスすると、その場で筆記試験になります。

日本語の問題用紙を貰いましょう。

 

40問のマークシートスタイルの問題になります。

時間は出来るまで。適当です。

 

多分、6問までは間違えてもOK。

 

自分は見事一発で合格ですが(日本人はみんなそうですが)、

周りの米人は結構パスしていません。

どうもパスしなかったら、その場で違う問題で再チャレンジが出来るみたいです。

やり直している人がいましたから…

 

パスをすると、試験官に実技試験の申込をします。

ケンタッキー州では、1か月経たないと実技試験が受けられません。

予約をしたら、最初のカードに色々書かれて、終了…

 

窓口に戻り、お金を払います。

14.25ドルでした。

クレジットカードでの支払いです。

 

その後、写真をその場で撮影し、

IPマークの付いた仮免許証が発行されます。

 

その後、実技試験に移ります。

 

*** 続く ***