としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

パッティングの引っ掛け対策…周辺視野を意識したのは全く使えず… 左肩に集中で効果抜群でした…

広告

 

f:id:Toshibo:20200621221655j:image

先日、加齢が原因と思われるパットの引っ掛け対策を周辺視野と考えて早速実践をしていみました…

 

結果は…

 

全然ダメダメ(爆笑)…

 

そんな長年のキャリアの中で身につけている感覚ってそう簡単に変えられるものではないですね~…

 

そもそも、それが原因だったかも怪しい…

 

ほんの数ホールだけ実践してみたのですが、これはダメだとすぐに止めました…

 

もしかすると、画期的な方法だったかもしれませんが、ダメと感じたら練習するのはダメですよね…

 

あらためて考えなおしました…

 

そもそも、右肩が前に出ちゃうなら(この原因は周辺視野の衰えと考えて良いと思いますが)、右肩を出さない(回さないように)対策を考えるのではない…

 

ゴルフの数多ある理論の中で、技術的な解決方法で効果のあるものは、その現象とは全く違う部分を意識する事が多いです…

 

という事で、右肩を意識しないで左肩に集中…

 

別に特別なことでは無くて、昔から実践していたことですけどね…

 

パットのような小さな動きの中で左肩は地面に対して並行に動かすのではなくて、

垂直方向に動かす事がポイント…

 

そうすれば、胸の向きは常に正面を向いています…

 

あらためてこのポイントを意識したら、あら不思議…

 

引っ掛けはすっかりなくなりました…

 

ここで自分の感覚を書き残しておきます。

 

この引っ掛け対策ですが、パットのインパクトの後、目線は転がる方向と逆に動くんです…

 

イメージとしては、松山選手がショットの時のインパクトで頭が右に向くような感じ…

 

パットでこの感覚が常に出るわけでは無いので、正解はわかりませんが…

 

この感覚が出ている時は、結構ライン出しが正確にでます…

 

ここもう少し調べてみようかと思いました…