としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

アメリカで初めてケーキを美味しいと感じました。 これはお店に突撃するしかありません。

広告

アメリカのケーキといえば、

 

ひたすら甘い! 甘すぎる!

たまに、しょっぱい…

 

って感じで、美味しくありません(失礼)…

 

ジャカルタ時代もローカルのケーキはアメリカと似たような味でしたが、日本人のパティシエが監修しているお店もあったりして、レベルの高い所もありました…

 

たまに日本でもニューヨーク発だとか西海岸発なんて言うスイーツが日本で人気になったりして行列が出来ていますが、正直、美味しくないだろうって思っています…

(飽きちゃうんですよね、大味で)

 

ここ数日、奥様がケーキがどうたらこうたらと、ウキウキ話していましたが、

聞き流していました…

 

と、仕事が終わり家に帰ると、結構テンション高めでケーキケーキと言うので、

なんだろう?と…

 

どうやら、ケーキを買ってきたので見て欲しい、食べようよ~って事です…

 

どれどれ? と見てみると…

 

ん? 見た目はなかなかレベル高いぞ…

 

夕食後にいくつかある内の2個を選択、奥様と半分っこで味見です…

 

まずは、フルーツタルト…

 

f:id:Toshibo:20200820225531j:image

 

え? これ美味しい!

 

爽やかなフルーツの香りと甘すぎないクリーム…

 

これいいじゃない!

 

チーズケーキのレモン味の方は…

 

f:id:Toshibo:20200820225551j:image

 

え? これもいける…

 

もうアメリカのケーキじゃないです…

 

これは、お店に突撃するしかありません(笑)…

 

という事で、アメリカで初めてケーキが美味しいと思ったのでした…

 

(コロナで外出もせず、求める味のレベルが落ちた訳では無いと信じたい)