としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

秋の長雨と低温対策で、不織布でトンネルを作りました… 

広告

秋の長雨でしょうか、天気予報が2週間程度連日雨…

 

紅葉も綺麗になっているので、公園とかに紅葉狩りに行きたいところですが寒々しい空に外出やゴルフに行くような気持ちになれず…

 

家庭菜園の大根やキャベツなど9月に種まきをしたものは、順調に大きくなってきていますが、ここに来て生育が止まりそうです…

 

それよりも心配なのが順番に時期をずらして種を撒いた分…

 

5回位時期をずらしていますが、最後に種を撒いたのはまだ本葉が出てきたといった所…

 

 

f:id:Toshibo:20201025221247j:image

 

この時使用したバイオタイプの種まき用ポットの大きさがとても小さいものだったので、ポットで大きくするのに必要な土の量が足らない気がして、雨の合間に早めに定植しました…

 

その後、激しい雷雨が…

 

跳ね返りの土が大根の葉っぱに付いていたりして、ちょっと成長が心配…

 

キャベツの葉っぱは泥水をはじくんですね…

f:id:Toshibo:20201025221310j:image

 

今回、定植した小さい苗もこのままでは駄目になってしまいそう…

f:id:Toshibo:20201025221326j:image

という事で、いわゆるトンネルを作ってみる事にしました…

 

生地は不織布…

 

家庭菜園初心者の自分はどうやったら良いかさっぱりわかりません(苦笑)…

 

そもそも不織布タイプで良いのかポリのシートじゃないとこれからのシーズンはダメなのか?

 

そして、トンネルを作るための支柱があまり良いものがアメリカで売っていません…

 

アマゾンで買っておいたのですが、なんとかそれを使ってトンネル完成…

 

飛ばないようにレンガで押さえておきました。

 

f:id:Toshibo:20201025221349j:image

 

これで強い雨で土地が流れる心配は無いと思います。

 

それと朝の気温が5℃以下になる事も多くなってきたので、それにも効果がありそうですが、昼間の陽射しが十分に届くのか?

 

色々勉強して、新鮮野菜を収穫したいですね。