としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

大寒波で野生動物も凍死しています。銀世界の中、鳥は目に秘密があるようで上手に餌を探しているみたい。

広告

今回の大寒波はテキサス州に大きな被害をもたらしています。

 

自然界にも影響があり、動物が随分凍死してしまっているようです。

雪に覆われたら餌はどうするんだろう?

 

ただ、火の不始末や放火による森林火災と違って、自然災害なので仕方ない…

 

ケンタッキー州でも一面銀世界になり、野生動物がどうなっているのか気になります。

 

家の周りは森が少し離れているので、庭にはスカンクやイタチはたまに見かけますが鹿などの大型動物は元々出てきません。

(引越し前の家はガレージの前まで鹿がやってきました。)

 

その代わり、鳥は一杯やってきます。

名前のわからない少し尾の長い鳥や綺麗な青い鳥、スズメやカラスにハチドリなど。

赤い綺麗なカージナルは、車で走っていると見かけますが、庭にはやってきてくれていないのが残念です。

 

知人の家にはオカメインコみたいな鳥も来ているようなんだけど…

 

そんな鳥達も一面銀世界でどうやって餌を見つけているんだろう??

 

奥様がベランダにパンとか置いておいたら、鳥がついばみにやってきます。

f:id:Toshibo:20210221125011j:image

 

鳥の目って凄いです。

 

人間が感知できる光の三原色(赤、青、緑)に加えて紫外線を見る事が出来るらしい。

 

なんだかよくわからないけど、鳥にとって餌は光って見えているみたいなので、簡単に探せられるのかもしれません。

 

更に鳥は人間の6倍の視力があるらしいですし、鷹は1km離れた獲物を捕らえる事が出来るとの事。

 

照明を落としたお洒落なレストランだともう全然メニューが読めない自分は、鳥の目を一度位経験してみたいですね。

(眼鏡を更新しなきゃ、でもまだ老眼鏡はかけたくない(宣言))