としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

初めてのSingkong Balado作りに挑戦! 伝統的な石臼を使ってサンバル作りも楽しい~

広告

さて、道具も揃ったし、

Singkong Balado

を作ってみよう!

 

道具についてはこの記事を見てね~

www.toshibo-enjoylife.net

といっても、作り方が良くわからない(苦笑)。

職場の女性陣に作り方をあーだ、こーだと聞いて、だいたいを把握。

 

ようは、

シンコンを薄く切って、

油で揚げて

サンバルを作って

混ぜる!!!

 

うん、出来そうだ。

 

まず、シンコンの皮を剥きます。これが良いシンコンだと簡単に一皮剥けますが

今回のは剥けない…

なんとか、剥いた後、包丁で薄くスライスします。

どの位の厚さが食べた時に美味しくなるか?

ちょっと、厚さを変えたりします。

 

f:id:Toshibo:20180413174855j:image

 

これを塩水に漬けて、1時間程度置いときます。

水は白濁しますが、これを沈殿させてろ過すれば

タピオカになりますね。

小学生の時にジャガイモでデンプンを取った実験を思い出します。

 

これを油で揚げてクリスピー状にします。

反省点として、もっとカリカリにしても良かったと完成後に思いました。

f:id:Toshibo:20180413174920j:imagef:id:Toshibo:20180413174927j:image

 

同時に用意した伝統的な石臼(チョベックとウレカン)を使って、

サンバル作り。

赤唐辛子と赤ニンニク、普通のニンニクを包丁である程度細かく切ってから

石臼でゴリゴリとします。

f:id:Toshibo:20180413174951j:image

これに砂糖を入れてみます。

今回の反省点。

砂糖は白砂糖ではダメな模様。黒砂糖が推奨されます。

f:id:Toshibo:20180413175003j:image

 

どうも辛みが足りなさそうなので、唐辛子を多めにしてみました。

赤ニンニクは甘みが出るので、その辺りも考慮しないといけないですね。

f:id:Toshibo:20180413175017j:image

 

使った唐辛子を見て、こんな質の悪いのはダメだとダメ出しも貰いました。

この写真のような唐辛子が良いと。

f:id:Toshibo:20180413175030j:image

確かにそうなんだけど、ローカルに買ってきてもらった格安品だからなぁ。

 

ゴリゴリしたら、

中華鍋に油と一緒に入れて、炒めます。

蒸気が目に染みて涙が一杯です。

f:id:Toshibo:20180413175049j:image

 

唐辛子の良い匂いが香ってきたら、揚げたクリスピー状のシンコンを入れて

炒めました。

やり方あってるかなぁ?

 

頃合いも見て、完成としました。

f:id:Toshibo:20180413175154j:image

お味は??

 

初めて自分で作った Singkong Balado。

美味い!!!!

と言いたいところですが…

 

なんか物足りない。

 

会社に持っていき、皆の意見を聞いたところ、

白砂糖を使ったでしょ?

黒砂糖じゃないと…と言われました。

 

ただ、概ね好評。

 

なにしろ、インドネシア伝統の石臼で香辛料をグリグリ潰しているのが

いかにもインドネシアっぽくて楽しいです。

 

独自のサンバル作りを研究してみようかなぁ~~。