としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

どうしてもセンターポールに上がる日の丸を見ながら君が代が歌いたい!! 期待に応えてくれた男子4 x 100 m リレー。アジア大会で20年ぶりの金メダル獲得!

広告

競技場で君が代が聞きたい!!!

日の丸がセンターポールに揚がる姿が見たい!!!

 

アジア大会のメイン会場で28日の競技を見てから、

その気持ちがどんどん大きくなりました。

 

同時にインドネシアの選手が優勝して、会場が大興奮する雰囲気も味わいたい…

 

どうしようかなぁ…

 

思い悩んだ時は、行動する方が後々の後悔が少ない!

 

と決意して、陸上競技最終日を観戦することにしました。

 

陸上最終日の種目は

男女 4×100 m リレー決勝

男女 4×400 m リレー決勝

 

リレーは盛り上がります。

特に男子4×100mは、金メダルの大本命!!

 

ネットでは既にチケットは売切れ。

 

当日券は買えるはず、と信じて会場へ。

 

カーナンバー規制で、自分の車は通れないのが唯一の心配材料。

競技場をぐるりと廻って、近くまで来た時にUターン指示が…

 

このままUターンするとゲートからすごく遠くなってしまうので、

そこで車を降りました。

 

当日券の販売場所は7番ゲート付近の筈…

まだ遠いのですが、歩いてすぐの所に

Ticket Box

があります。

 

色々な所にあるんだぁ~

と思いながら最寄りのボックスへ(数十m間隔であります)。

 

窓口は3つに分かれていて、真ん中が陸上(Athretics)の案内があります。

隣はVIP。

 

f:id:Toshibo:20180831230734j:image

 

VIP席を求めて、200,000 IDRで難なく購入。

あれ? 

他の人の情報だとIDを見せる必要があるとのことでしたが、何も要求されませんでした。

 

f:id:Toshibo:20180831230752j:image

 

大会当初から比べて、チケット販売面でも大分成長?があったようです。

もう終わっちゃいますが(笑)。

 

チケットを購入してからゲートに向かって歩いているとボックス毎に販売しているチケットの競技が違いました。

 

何とたまたま車を降りた近くが陸上のチケット売り場だったんですね。

凄いラッキーでした。

良い予感が一杯。。。

 

この日は会場周辺も人が凄い大勢出ています。

 

スタジアムに入る時に手にハンコを押してもらいます。

 

f:id:Toshibo:20180831230818j:image

 

前回とは違うハンコ。

それはそうですよね~。

 

同じだったら毎日手を洗わないと入れちゃいます。

 

会場には、多くの日の丸が見えます。

やはり、日本の金メダルを見たい気持ちは一緒です。

 

f:id:Toshibo:20180831231445j:image

 

日本以外では、インドの応援が目立ちます。

ジャカルタに住んでいるインド人は多いんですかねぇ?

 

競技は18:30スタートですが、

その前に表彰式のアナウンスが。

 

日の丸を背負った選手が真ん中(金メダル)で入場してきます。

この日の朝に行われた

50km 競歩の勝木隼人選手です。

 

f:id:Toshibo:20180831230837j:image

 

中国選手、韓国選手を抑えての優勝でした。

 

初めて国際大会の競技場で日の丸がセンターポールに揚がるのを見て、

君が代を歌う事が出来ました。

 

次は優勝するシーンを生で見せてくれ~、

と強く思います。

 

競技は女子の 4x100 m リレーが始まります。

 

私は陸上のハードルを飛んでいるシーンとスタートの直前の身体が爆発する直前の姿勢が好きです。

 

f:id:Toshibo:20180831230857j:image

 

鍛え抜かれたアスリートの姿勢はそれだけでも見る価値があります。

 

結果は5位入賞。

 

さあ、いよいよ男子 4 x 100 m リレー決勝です。

 

1走の山縣選手が目の前を通り過ぎていきます。

見ている自分が緊張して来ました。

 

f:id:Toshibo:20180831230913j:image

 

選手はどれ程緊張しているんでしょうか?

 

最近、短距離の躍進が著しいインドネシアも決勝に出ています。

会場は大興奮。

この雰囲気を味わいたかったんです。

 

f:id:Toshibo:20180831230927j:image

 

結果は皆さんご存知の通り、

 

金メダル🥇

 

素晴らしかったです。

 

何故か涙が出て来ました…

 

日本人の応援団も大喜びです。

 

でもそれ以上に、インドネシアが

銀メダル🥈

を獲得したので、会場の盛り上がりも最高潮に。

 

世界陸上の時、400mの高野選手が  7位入賞した時、

国立競技場は大興奮でした。

当時の日本の短距離界では凄い事だったんです。

 

それと同じようにインドネシアの人にとって、

リレーで銀メダルを取ったことは、本当に大興奮です。

 

そういう風に見ると日本人の応援団はどことなく冷めている部分もありましたね。

 

レース終了後、日本選手はスタジアムの正面席の方には来てくれず、

すぐに控え室に行ってしまいました。

これは、大変残念でした。

殆どの日本人の観客は正面席(VIP席)に座っていましたから。

 

一方、銀メダルのインドネシア選手は、客先に向かって、

土下座??

で挨拶。

(モスリムのお祈りなのかぁ?)

 

f:id:Toshibo:20180831231032j:image

 

観客は大声援でした。

 

アジア大会ならではのシーンの一つ。

モスリムの女性が参加した1,500 m走。

f:id:Toshibo:20180831231630j:image

女性はヒジャブを頭にまとい、レースに参加しています。

ただでさえ、暑い大会。

物凄いハンデですが、だからこそ観客の応援も温かいものでした。

 

多くの選手が担架で運ばれていましたが、

ジャカルタよりも暑いと考えられる東京オリンピック2020はどうなってしまうのでしょうか?

 

f:id:Toshibo:20180831231802j:image

 

 

競技は進み、

いよいよリレーの表彰式です。

 

f:id:Toshibo:20180831231046j:image

 

選手は皆んな背中に母国の国旗を背負っての入場です。

 

日本選手は当然、

日の丸🇯🇵

 

メイン会場に国歌

君が代

が流れました。

f:id:Toshibo:20180831231159j:image

国際競技の表彰式で、初めて見た(50 km 競歩は競技を見ていなかったので)、

センターポールに日の丸が上がるシーンでした。

 

最後の競技は、

4 x 400 m リレー

 

このレースも素晴らしく、男子は3位銅メダルでした。

 

やっぱり来て良かった。

 

競技場を後に感動の余韻に浸りながら、帰路につきました。

 

f:id:Toshibo:20180831231415j:image

f:id:Toshibo:20180831231419j:image

 

この後、大渋滞で2時間もかかったのは、ご愛嬌ですね。

(空いていれば、10分もかからない距離です(苦笑))

 

www.toshibo-enjoylife.net