としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

プレー前の準備に気を使っている事。ボールに自分のマークを入れる事です。

広告

ゴルフをプレーする前準備は大切です。

 

例えば、プレーに使う消耗品(ティベック、ボールや飲み物など)は、

ある程度ストックしていても、無くなる時が必ず来るので

次のプレーの予定に合わせて事前に買っておく必要があります。

いざプレーするときにキャディバックに入っていなくて、

慌ててプロショップに行く…なんていうことは避けたいです。

 

消耗品といえば、

自分は特にティベックに強いこだわりがあります。

赤色の70 mm のウッドティです。

 

いくつか理由があるのですが、

ゴルフを始めたばかりの頃、友人がこの色のウッドティに自分の名前を入れてプレゼントしてくれた事。

ティはショットの度に折れたり飛んで行ってしまって、そのままコースに放置されます。

木の場合は、プラスチックと違い芝刈り機に優しいと聞いた事がある事がもう一つの理由です。

 

それと、ボールを乗せる所がブラシになっているようなものは、ボールでティベックを押し込む事が

出来ないので、どうにも刺し方の所作が格好悪いんですよね…

 

ティボックスでしゃがんでセットするのは、本当に格好悪いです。

 

話がそれましたが、

この赤いティベックがプレー前に切らしていたら、

もう、プレーするのが嫌になっちゃう位、ガッカリするので

絶対に切らすわけにはいきません。

 

ゴルフ場のプロショップにはまず売っていないですからね。

無い時は、他の色の木製で我慢します。

 

さて、プレーの前のどの位前から準備をするのか?

準備といっても色々なレベルがあります。

消耗品の準備からクラブの調整や心の準備も必要です。

 

プロのコメントなどを聞いても様々ですね。

一流選手になると翌シーズンの出場する試合日程を一年を通して決めるという長いスパンもあります。

また、ロッカールームに入った時からスイッチが入るとか、

一番ホールのティボックスに入ったらとか…

 

プロの場合、服装をどのようにするかも気を使うと思います。

一流選手はメーカーから支給される事が多いと思いますが、

当日、一緒にまわる選手が何色をベースにしているかも考えないと

被ってしまいますからね。

 

自分が準備がしっかりと出来たと思えるのは、

ボールにマークを入れる

という事。

 

f:id:Toshibo:20180927223237j:image

 

キャディバックに何個か入っていれば問題無いのですが

ロストしたり、痛みが激しいボールしか入っていない時、

プレーする直前にマークを入れるという事は避けたいと思っています。

 

何か気持ちが焦るんですね。

 

前日にボールにマークを入れる。

これが出来れば、プレーに専念できる…

そう思っています。