としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

クリスマス休暇でコモド島に出発… スカルノハッタ空港のターミナルの情報が間違っているお約束?のドタバタスタートです。

広告

クリスマス休暇を利用して日本から遥々インドネシアまでやってきた家族と共にコモド島に遊びに行く計画を立てたのが10月頃。

オーストラリア・パースもジャカルタから直行便で4時間位なので最後まで悩みました。

 


決め手は9月にオープンしたコモドリザートアヤナ…

写真を見るとすごく素敵な感じなのと、やっぱりインドネシアを色々行っておいた方が良いですもんね。

f:id:Toshibo:20181223172832j:image

 


まずは、飛行機のチケットの予約…

ラインオン・エア傘下のフルサービスLCC バティック・エアを選択…

安全性?

信じてます。

 


それからアヤナリゾートのHPからアクセスし、部屋の選択…

色々オープニング・プロモーションがあります。

最大のプロモーションは、1泊無料で延長できる事。

 


ただ、残念ながらクリスマス・年末年始のハイシーズンなのでこれは適用出来ず…

 


よくわからない所もあり、東京にカスタマーサービスがあるので

電話してみました。

 


この担当の方がとても親切。

色々教えてくれました。

 


現地にも日本人スタッフがいるとの事で、何かと安心です。

そもそも現地の雰囲気が全くわからないですから…

 


イメージは、何にも無いジャングルの一部を開拓した程度??

 


バリ島やロンボク島、ジョグジャカルタ等に行く時はいつもドライバーとレンタカーを事前に手配。

どこに行くにもこれを使うという事をしていました。

 


ロンボク島も2回目以降はレンタカーを借りなかったんですが、

タクシーも簡単に捕まらないので、物凄く不便です。

 


ゴルフ場の職員に送ってもらったり、真っ暗な道を歩いたりしました…

(インドネシアは、ドライバー込みのレンタカーが安いので、絶対に借りておいた方が良いですね。)

 


そんな事もあり、コモド島ではどうやって移動するかを考えました。

 


オプションツアーも申し込むのでその日はレンタカーは要りません。

取り敢えず、空港までホテルの車でピックアップしてもらおうと

カスタマーサービスにお願いすると

有料になるとの事…

 


えぇぇぇぇ…

 


あり得ない!

しかも1台あたりじゃなくて、一人ずつ…

値段は書きませんがふざけるなって感じの高額料金…

 


交渉しました(笑)。

 


だって、一泊のお値段もとても高い部屋を予約したんですよ…

しかも何もオープニング・プロモーションを使えない…

 


せめて、車の空港間の送迎位、サービスして~。

 


数日後、サービスしてもらえることになりました…

 


その後、オプションツアーを申し込んだ所、

全員のパスポートの番号が必要だったり、

何かとややこしかったんですね。

 


そして、出発当日。

 


バティック・エアのチケットを印刷して持参。

これには、スカルノハッタ空港のターミナル1Cとハッキリと記載…

 


怪しい…

とても怪しい…

 


何が怪しいって、国内線のターミナル案内がいつも適当だからです。

 


スカルノハッタ空港は最近、ターミナル間の移動のモノレール?が出来ましたが

遅いし本数が少ないので、ターミナル間の移動はとても不便で時間がかかります。

 


チャンギ空港とはとても違います。

 


このターミナルの情報が間違っている事がよくあります。

 


どういう事かと言うと、

チケットの情報はターミナル1、だったり2だったりで、

実際は違うターミナルだという事がとてもよくあります。

 


良く空港の入り口でセキュリティの人達と深刻に揉めている人を見かけます。

そうなんですね。

ターミナルを間違えてやってきて、移動する時間が足りない人も大勢います。

 


今回は、Eチケットにターミナル1Cとはっきり書かれていましたが、

とても怪しいので(空港に確認する時間が無かったので)、

少し早めにアパートを出発。

 


渋滞も無く、すぐに着きました…

カウンターに行く前のセキュリティ・チェックで

 


ここじゃないよ~

 


やっぱり!!

12月5日にターミナル2に移動になったとの事。

もう、いい加減にしてよね…

 


タクシーが必要?シャトルもあるよって親切?に教えてくれますが

運転手に電話して戻ってもらいました。

 


ターミナル2に移動してもこうなってくると、少し心配になってきます。

カウンターは長蛇の列…

 


順番を待ってから再度間違っていたら、リカバリーの時間はもうありません。

係の人に確認して、列を並び、無事にチケットをゲット…

なんで飛行機に乗るのにこんなに苦労するんだ??

 


このターミナル2は今年の10月前後まで、

ANAやJALなどを含めた国際線のターミナルでした。

お店が全然無く、時間を潰す事が出来ない悪評高い所でしたが

雰囲気も変わり、お店も随分変わっていましたね。

 


最終セキュリティを通過後、ゲートに向かうとそれぞれのゲートの入り口のモニターに

行き先と便名が書いてあります。

 


チケットのゲート(E5)とモニターのゲート(E3)の表示が違います。

 


普通ならゲートが変更になったと思いますよね。

 


他の便と一緒に表示されるモニタのゲートはチケット通りなんです。

 


もう何がなんだかわかりません。

入り口のモニタのゲート(E3)から入り、係の人に確認。

 


ここじゃないよ~。E5だよ…

 


と言う事で、E5に行き、係の人に確認したら、ここで良いとの事。

パイロットとCAも座っていたので、聞いたら合ってると。

 


出発時間も過ぎて、何やら心配になってきたら

インドネシア語で放送が…

搭乗が始まるのかと思ったら、皆んな出て行く???

 


係に人に今の放送は何だと聞くと

ゲートがE3になったと…

 


もう本当にいい加減にして欲しい(苦笑)。

 


こんな案内だったら、絶対に乗り遅れる人がいます!!!

 


そんなドタバタを繰り返し、無事飛行機が離陸…

今は機内の中で書いていますが、

ちゃんと目的の空港に着くのかなぁ??

 


預けた荷物、ちゃんと出てくるかなぁ???

 


不安の旅がスタートしました…