としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

パダール島・ピンクサンドビーチ・リンチャ島ディスカバリー ツアーに参加…見事なエメラルドグリーンの海とピンク色のビーチ。 コモドドラゴンも見学してコモド国立公園を満喫。AYANA Komodo Resort(アヤナ・コモド リゾート)

広告

コモド島旅行 2日目。

 

事前に島の情報を殆ど得ることが出来ませんでしたので、

オプショナル・ツアーを申し込んでおきました。

 

AYANA Komodo Resort が主催するオプショナル・ツアーの方があるので安心です。

 

1日かけてポイントを巡る、

パダール島・ピンクビーチ・リンチャ島ディスカバリー ツアーです。

 

実際のツアー主催は、PT. Print Nuda Pahari 。

 

出発は朝8:00。

受付があるので、7:45 に桟橋の入り口のカウンターへ集合。

ここで、シュノーケリング用のライフジャケットとフィンのサイズを確認…

 

桟橋からスピードボート Lako Cama号に乗り込みます。

この時間は、干潮…

桟橋の高さがボートよりもすごく高くなっていて、乗り込むのはちょっと怖い位?

f:id:Toshibo:20181225103417j:image

 

トップデッキとエアコンの効いたソファの室内がありますが、

1階の後部デッキに座りました。

 

YAMAHAのエンジンが3つ搭載されたゴージャス船です。

f:id:Toshibo:20181225103558j:image

f:id:Toshibo:20181225103610j:image

 

キャプテンに聞くと、この日は向かい風とお客さんが満員なので

少しスピードが遅く、18.5 ノット(時速 約34.3km)。

 

f:id:Toshibo:20181225103638j:image
f:id:Toshibo:20181225103642j:image
f:id:Toshibo:20181225103634j:image

 

十分速いです。

ロンボク島のギリ三島を廻った時の船とは全然違います。

 

1時間半位走って、最初の目的地 パダール島へ上陸…

ここはトレッキングで山頂からの絶景を見ます。

 

これが大変…

暑い…

 

標高は100 m 程度なんですが、陽射しが強くてシンドい。

絶対に日焼け止めを塗っておかないと大変な事になります!!

f:id:Toshibo:20181225103734j:image
f:id:Toshibo:20181225103730j:image
f:id:Toshibo:20181225103726j:image
f:id:Toshibo:20181225103743j:image
f:id:Toshibo:20181225103748j:image

 

階段はこんな感じで続きますが、いたとる処が壊れています。

トレッキングとなっていますが、ビーチサンダルでも特に問題なし…

自分はクロックスで登りました。
f:id:Toshibo:20181225103739j:image

景色はとても綺麗ですが、暑い…

 

約1時間の滞在でボートに戻ります。

f:id:Toshibo:20181225104223j:image
f:id:Toshibo:20181225104218j:image

 

次はピンクビーチへ移動。

実は一番行きたかった場所がピンクビーチ…

 

今年、ロンボク島へ遊びに行った時に、時間の関係で行けなかったんです…

凄く楽しみです。

 

ピンクビーチと言われる処は至る所にあるようです。

 

この日到着したピンクビーチは桟橋があり、そこから上陸…

f:id:Toshibo:20181225104243j:image

 

本当にピンク色なんですね。

 

波が打ち寄せて引く時が一番ピンク色に見えますが

波が引くとあまりピンク色に見えません。

f:id:Toshibo:20181225104350j:image
f:id:Toshibo:20181225104319j:image
f:id:Toshibo:20181225104346j:image
f:id:Toshibo:20181225104323j:image
f:id:Toshibo:20181225104308j:image
f:id:Toshibo:20181225104341j:image
f:id:Toshibo:20181225104313j:image

不思議です。

 

この浅瀬でシュノーケリングをしました。

f:id:Toshibo:20181225104431j:image
f:id:Toshibo:20181225104435j:image
f:id:Toshibo:20181225104445j:image
f:id:Toshibo:20181225104451j:image
f:id:Toshibo:20181225104426j:image
f:id:Toshibo:20181225104330j:image
f:id:Toshibo:20181225104441j:image

 

残念ながら、魚はあまりいません。

ロンボク島のシュノーケリングでは、沢山の熱帯魚が目の前を泳いでいたのですが。

あの感動を息子にさせたかったのですが…

 

1時間程、シュノーケリングを楽しみ、

タカ マカサールへ。

 

エメラルドグリーンの海に浮かんでいるような砂だけで出来た小さな島です。

 

ここの景色は本当に美しい!!!

f:id:Toshibo:20181225104902j:image

f:id:Toshibo:20181225104942j:image
f:id:Toshibo:20181225104955j:image
f:id:Toshibo:20181225104951j:image
f:id:Toshibo:20181225104959j:image
f:id:Toshibo:20181225104946j:image

 

非日常の世界が広がっています。

 

ここを離れ、コモドドラゴンを見に行きます…

 

あとから気づいたのですが、いわゆるコモド島にいくのではなく、

それよりも近い リンチャ島 でコモドドラゴンを見るんでした。

(少しショック…)

 

コモド島へ行くのには時間がないようです。

 

桟橋から上陸…

何か雰囲気が違います。

f:id:Toshibo:20181225105513j:image

 

ほんの少しの建物があるだけで、ほぼ人の手が入っていません。

マングローブの中を通りながら、進みました。

f:id:Toshibo:20181225105607j:image
f:id:Toshibo:20181225105553j:image
f:id:Toshibo:20181225105547j:image

 

小さな蟹が一杯いるので、公園のガイドに

Enak?(美味しい?)

と聞いてみました。

 

国立公園内のものは取ってはいけないんだと、言われちゃいました(恥ずかしい)。

 

公園の施設の前で一通りの説明を聞きます。

5 m 以内に近づいてはいけない!

説明中、近くをコモドドラゴンがのしのしと歩いています。

 

ガイド3名の元、園内を散策…

猿が一杯います。

f:id:Toshibo:20181225105559j:image

 

ガイドの話によると、朝の方が一杯広場に出てきているけど、

午後になると暑くて隠れちゃうそうです。

園内には千頭以上生息しているとのこと。

 

コモドドラゴンをメインに見たい場合は、朝の内に訪れるツアーに参加した方が良いですね。

f:id:Toshibo:20181225105735j:image
f:id:Toshibo:20181225105707j:image

 

奥のコモドドラゴンを見つけて、近づこうとしたら、

ガイドが慌てて、危ない! って声を出しました。

なんと、手前にも1頭いたのに気づかなかったんです。
f:id:Toshibo:20181225105717j:image

 

ガイドさんに一緒に写っているように写真を撮ってもらいました。

並んでいるように記念写真を皆んな撮りますが、

背後に5m程度離れているんです。


f:id:Toshibo:20181225105728j:image
f:id:Toshibo:20181225105712j:image
f:id:Toshibo:20181225105723j:image

生態などのガイドの説明を聞いているととても面白く、賢い生き物のようです。

 

糞はこれ…

f:id:Toshibo:20181225105945j:image

 

 

昔、イッテQでタレントのイモトさんが駆けっこを一緒にしていたのを

今でも鮮明に覚えていますが、まさか自分が見られる時が訪れるとは…

 

日本には無い自然を満喫して、ホテルへ向けてスピードボートで向かいました。