としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

ゴルフ初心者のコースデビューにお付き合い。自分流コースデビューお勧め十ヶ条

広告

会社の同僚をゴルフの道に引きずり込むべく、昨日ナッシュビルにクラブを買いに行き、本日コースデビューをしてもらいました!

 

コースデビューって、ドキドキですよね~。

 

自分のコースデビューまでの道のりは今とは全然違い長い道のりでした。

 

何せ、ダンプカー1台分のボールを練習場で打ってからコースに出る資格が出るという時代でしたから。

 

半年以上は真剣に練習場に通い、家では常にクラブを持っている状態。

友達と遊ぶときはいつもトップの位置はこれで良いのか?

とか、コースに出なくてもとっても楽しく充実していました。

 

さて、時は経て自分が初心者のコースデビューにお付き合いするという大役です。

 

現在のホームコースのホプキンスビル・ゴルフ・カントリークラブへ。

昨日から嵐のような雨も午前中に上がり、下のコンディションは心配されましたが

午後1時半に待ち合わせ。

 

プロショップに行き、

”練習したいけどゲストが一人いるんだけど、いくら?”

”あなたと一緒ならフリーでOKだよ~”

 

と、メンバーの特権を発揮して、まずは無料でレンジでの練習。

 

ショップで試打しているときは、本当に初心者?

って感じでしたが、やはり屋外に来ると自然と力が入るんでしょうね。

安心しました。

 

練習グリーンに行き、チップショットとパッティングも少しして、

デビューです!

 

スポーツ万能な感じなので、特に注意も無く、スタートです。

セルフプレーなので、その都度、必要な事を教える感じです。

f:id:Toshibo:20190421120949j:image

 

最近のクラブの性能をまざまざと感じる事も出来ましたが

やはり初心者。

 

特にパッティングには苦労をしていました。

ただ、ショットに関しては、プレーするのに問題ないレベル。

 

すぐにシングルになりそうです。

 

今回、思ったゴルフ初心者のコースデビューまでの道の良い方法?

 

コースデビューの心得 十ヶ条

 

1.自分のお金でクラブを揃える。
  (愛着が違う!)

 

2.とりあえず、一通りのルールは自分で勉強する。

 

3.テレビでゴルフ中継は見ておこう。

 

4.謙虚になること。

 

5.パターやアプローチの小技を集中的に。

  (どうしてもロングショットの練習をしたくなるものの、コースで同伴競技者に迷惑をかけないのは、グリーンに近づけば安心できること)

 

6.スコアは自分で数えよう
  (それどころではなく、数を忘れるのが初心者。周りは暖かく見守りましょう)

 

7.ミスショットに嘆かない。

  (それを生意気と言ったのは、中部銀次郎さんでしたっけ?)

 

8.素振りをしない。
  (素振りしてもナイスショットになりません!時間の無駄!!…

   と言ったらヒンシュク?)

 

9.むやみに走らない!

  (これ、皆初心者に走らせるんですが、息をゼェゼェさせたら、余計ミスショットが増えて、時間がかかります!!)

 

10.常に3本のクラブと予備のボールをポケットに入れておこう。

 

皆で楽しくゴルフができると素敵ですね!