としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

練習不足のラウンドで気を付ける点… バックスウィングとトップは重要です。

広告

ここしばらく、週末が何やらバタバタと忙しくてラウンドが出来ていませんでした…

 

この日は午後1時までクラブ競技の為にコースはクローズ…

 

3時にコースに入りました…

 

高温警報が出ている位でしたので(ハリケーン・アイダの影響で南から暑く湿った風が吹き込んでいます)、3時はとっても暑い時間帯…

 

予報を見ると体感気温40℃となっていました。

 

日本ではもっと暑いんでしょうけど、ジャカルタの方が涼しかったですね。

 

さて、アメリカのホームコースでプレーする時のルーチンは、まずはカートにバックを詰め込む。

 

ボールやティベックをポケットに入れて、プロショップにカートの鍵をもらいに行きます。

 

そしたら、そのまま1番ホールへ…

 

屈伸程度の柔軟を数回し、素振り棒で数回スイングをして、ティショット!

 

こんなんでいいんでしょうか!?(笑)

 

無難にスタート出来れば良いのですが、想定外のミスが出た場合数ホールで修正するのはちょっと大変。

ただこの辺はスタート前に練習していても同じですけどね。

 

 

午前中は庭仕事をしていたので、既にお疲れモード…

 

しかも久々のラウンドなのでどうなる事やら…

 

f:id:Toshibo:20210902030227j:image

キャリアだけは長いので、どこに注意をするかはラウンド毎に少し考えています。

 

この日のチェックポイントは、

 ・トップのクラブの位置:ドライバーからショートアイアン迄、低い位置に。

             いわゆるパッシブ・トルクを利かせられる位置。

 ・ウェッジのバックスイングはアウトサイドへ上げる

 

悪くないプレーでしたが、やはり50ヤード以内のアプローチが課題…

アプローチイップスが顔を出します…

 

それ以外はほぼほぼ合格点。

 

問題は、ショットが少しひっかかる時が相変わらず出ること。

これは動画を撮ってもう少し確認しないとスイングが変になってしまいそうです。

 

 

この日使ったクラブは、

1W、3W、UT(3I相当)、4・5・6・7I、50W、56W、PT

 

明かなミスショットは4番アイアンの引っ掛けが一発…

 

3回使いましたが他の2回のショットはいい感じでした。

 

ドライバーは2回のショットが久しぶりに落ちてこないショットになった事…

飛んでました。

 

5と6番アイアンのショットが気持ち右に出て綺麗なハイ・ドローになっていたこと。

 

問題はこのアイアンショットがハイ・フェードにならないこと。

 

ほぼストレートに出たボールが頂点から落下していく時に右に落ちていくのが理想ですが、実際は全く違います。

 

ただ理由はわかっているんです。

 

飛ばそうとしているからですよね⁉

 

メンタルの修業が足りないからなんでしょうね~…

 

ちなみにこの日のラウンドはハーフを終えて、帰ってきました。

 

あらためて使ったクラブを想い直してみたら、8,9,PWを一度も使っていないなんて…

 

ドライバーの飛距離が落ちているんですね(´;ω;`)ウゥゥ