としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

内陸性気候の厳しさを実感…寒暖の差が激しいです。

広告

生まれ故郷は神奈川県の平塚市…

相模湾に面しています。

 

その後、東京の西の外れに転居したのが海から最も離れた場所になります。

 

初めての米国赴任は、NJ州のプリンストン…

インドネシアは基本的に日本よりも島国なのでジャカルタも海に近いです…

 

今はKY州に赴任となり、これまでと全く違う事があります。

 

それは、内陸性気候という事…

 

海や川、湖の天候に与える影響は、とても大きい事を実感します。

 

平塚市と大磯町を隔てる川の反対側では実感として体感温度が異なります。

(湘南平の影響も大きいですが)

 

当然、海の影響はとても大きく、天候が安定するのに大きく役に立っています。

 

KY州は近くに水(海、川、湖)が殆ど無く、天候の変化が極端です。

前日、マイナス10℃ でも 翌日、20℃に達する事も別に珍しく無い位です。

 

今日は朝からゴルフの予定でしたが、前日は26℃位でした。

それが起きたら6℃位…

風も冷たく、寒かったです。

 

午後から暖かくなる予報だったので、午後スタートにしたい位でしたが

予定もありプレーをしました。

 


f:id:Toshibo:20190429114203j:image

f:id:Toshibo:20190429114211j:image

 

そんな天候だったので、プレー自体は貸切状態…

他に人を見かけません。

 

プレーを終え、冷えた身体をクラブハウスの暖炉が暖めてくれました。

 

f:id:Toshibo:20190429114314j:image

 

明日はまた、27℃まで上がる予報…

 

水(海、川、湖)って偉大です…

そんな事を感じました。